【図解】WordPressブログの始め方を60枚の画像で解説【5つの手順】

「WordPressブログの始め方を知りたい。サーバー契約やドメイン取得など、WordPressブログを立ち上げるための全体的な手順を一つひとつ確認したい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • WordPressブログの始め方【全体の流れ】
  • 手順1:サーバーを契約する
  • 手順2:ドメインを取得する
  • 手順3:サーバーとドメインを紐付けする
  • 手順4:WordPressをインストールする
  • 手順5:WordPressの初期設定をする
  • WordPressに関するよくある質問

この記事を書く私は、Web関連の仕事に携わって9年、アフィリエイト暦は5年です。
過去に20個以上のWordPressサイトを立ち上げていて、当サイトもWordPressで運用しています。

WordPressブログを始めるにはサーバー契約から始まり、ドメイン取得やソフトウェアのインスールなど多くの行程が必要です。

そのため、スクショ画像を多用して、誰でも簡単にWordPressブログを立ち上げる事ができるように手順をまとめました。

経験に基づいた適切な初期設定に関しても解説していますので、すぐにブログ運営を始める事ができます。

サクッとWordPressを立ち上げて、楽しいブログライフを送りましょう!

WordPressブログの始め方【全体の流れ】

WordPressブログの手順は次の通りです。
全体像としての手順は5つに分けることができます。

5つの通常手順

  • 手順1:サーバーを契約する
  • 手順2:ドメインを取得する
  • 手順3:サーバーとドメインを紐付けする
  • 手順4:WordPressをインストールする
  • 手順5:WordPressの初期設定をする

基本的には上記の手順に沿って作業を行いますが、サーバー会社によっては今年(2020年)から「WordPressクイックスタート」というサービスの提供を開始しています。

クイックスタートのあるサーバー会社

  • エックスサーバー
  • ミックスホスト
  • ConoHaWing
クイックスタートのないサーバー会社

  • カラフルボックス
  • さくらのレンタルサーバ
  • ロリポップ

WordPressクイックスタートとは?

WordPressクイックスタートとは、サーバー契約時に「ドメインの取得・サーバーとドメインの紐付け・WordPressのインストール・SSL設定」をまとめて行うサービスです。

つまり、クイックスタートを利用すると手順1〜手順4がひとつの手順として簡素化されるので、手順は次の通りになります。

クイックスタートの手順

  • 手順1:WordPressのクイックスタート
  • 手順2:WordPressの初期設定をする

時間に換算すると数十分は短縮できます。

しかし、勘違いがあるといけないのですが、クイックスタートとは、あくまでも「初めてサーバーを契約する時に」作業工程を簡素化するサービスです。

結局のところ、2つ目以降のWordPressブログを作るとしたら、サーバーの契約は完了しているので、最初に紹介した5つの手順の内、手順2から順に一つひとつ作業を行うことになります。

そのため、本記事ではまず通常の手順1〜4を先に説明して、その後にクイックスタートでの手順を解説します。

ブログ運営を長く行うなら、通常の手順も覚えておかないといけないので、通常手順とクイックスタート両方の手順を覚えておいて損はないと思います。

手順1:サーバーを契約する

まずは、レンタルサーバーを契約します。

サーバー会社によってはドメインを無料にするキャンペーンを行っているので、ドメインを取得するよりも先にレンタルサーバーを契約した方がお得です。

なお、おすすめは「エックスサーバー」です。

私はエックスサーバーとミックスホストの2つを契約していますが、メインで利用しているのはエックスサーバーです。

最近だとConoHaWingも人気が出てきましたが、「実績・安定性・性能」から評価しても、現状エックスサーバーがベストサーバーだと思います。

レンタルサーバーに関しては、「【個人向け】レンタルサーバー12社を徹底比較【おすすめは2社】」で解説しています。

ちなみに、エックスサーバーだとドメイン無料キャンペーンもやっています。

1-1:サーバーの公式サイトへ

エックスサーバーの公式サイトへアクセスして、「お申し込みはこちら」をクリックします。

エックスサーバーの公式サイトはこちら

1-2:お申し込みフォーム

お申し込みフォームから「新規お申込み」をクリックします。

1-3:サーバー契約内容

各箇所に必要事項を記入します。

サーバーID

サーバーIDとは、エックスサーバーの管理画面にログインする時やサポートへの問い合わせに必要となるID番号です。

「自分で決める」を選択すると自分の覚えやすい英数字に変更できます。

自動選択で表示される数字のままでもいいのですが、個人的には自分で設定した方が良いと思います。

サーバーIDが他者とか被ると登録できません。

プラン

プランは「X10」でOKです。

プラン 月額料金
X10 1,000円
X20 2,000円
X30 3,000円

ブログのアクセス数が増えたらX20やX30へのプラン変更を検討しましょう。

月額500円以下で利用できるサーバーもありますが、安定性や性能に違いがあります。目安は月額1,000円前後のサーバーです。

格安レンタルサーバーのデメリットに関しては「月額500円以下で使える格安レンタルサーバー5社【おすすめはしません】」で解説しています。

クイックスタート

まずは通常手順を解説するので、「利用する」にはチェックマークを入れずに、「Xserverのアカウント登録へ進む」をクリックします。

余談ですが、クイックスタートを利用するとお試し期間が適用されないので、約300円ほど損をすることになります。

クイックスタートの方法を先に見たい方はこちらをクリックして下さい。

1-4:アカウント情報

次に登録に必要な個人情報を入力します。

全て必須項目なので誤字脱字に気をつけながら入力しましょう。

メール配信

必要はないです。
サーバーの自動更新や追加された機能などは配信希望しなくとも来ます。

利用規約に同意

利用規約に同意して「次へ進む」をクリックします。

1-5:本人確認

セキュリティのために本人確認が行われます。

アカウント情報に入力したメールアドレス宛に認証コードが送られます。

エックスサーバーからのメールを受信して、記載してある認証コードを「確認コード」と書かれている空欄に入力します。

最後に、内容確認のページに行くので「この内容で申し込みする」をクリックすれば登録完了です。

SMS・電話認証の場合

メールアドレス宛に本人確認の認証コードが送られるのではなく、「SMS・電話認証」の場合もあります。

携帯番号を入力して取得方法を選択します。
テキストメッセージで取得する場合は、認証コードが入力されたメッセージが届きます。

海外にいる方であればサポートに連絡すれば申し込みの代行作業を行ってくれます。

認証コードを入力して「認証して申し込みを完了する」をクリックすれば契約完了です。

アカウント設定完了のお知らせ

その後、アカウントの設定完了メールが届きます。

「試用期間」と記載されているのは、自動で10日間のお試し期間が反映されているためです。

その他に、管理画面にログインするIDとパスワードが記載されているので、大切に保管しておきましょう。

1-6:サーバー料金の支払い

サーバー料金を支払うためにサーバーの管理画面にログインします。

エックスサーバーでは、用途ごとに4つの管理画面があり、「Xserverアカウント」では、登録情報や支払い関連の手続きを行います。

料金の支払い

お試し期間の期限が迫ってくると、こんな感じのメールが届きます。
お試し期間が過ぎるとアカウントが凍結されて、ブログが表示されなくなるので料金の支払いを早めに行いましょう。

料金の支払いはXserverアカウントの「料金のお支払い/請求書発行」をクリックします。

サーバーアカウントにチェックマークを入れ更新期間を選びます。
更新期間は期間が長いほど割引されるので、まずは12ヶ月でいいと思います。

自動更新の設定

料金の支払いが完了したら、次の更新タイミングで払い忘れがないように自動更新の設定も合わせて行っておきましょう。

「カード自動更新設定」をクリックします。

まずはクレジットカードの登録を行います。(クレジットカードがないと自動更新の設定はできません。)

ページ下部にある「設定変更」をクリックします。

自動更新は12ヶ月以内だと月額料金は変わりません。1ヶ月ごとでいいと思います。
「自動更新の登録」をクリックして登録を完了しましょう。

手順2:ドメインを取得する

つづいて、ドメインを取得します。

ドメインは、レジストラと呼ばれるドメインの登録代行業者を通して取得することになります。

おすすめは「エックスドメイン」です。ドメインの種類によりますが、メジャードメイン(.com.jp.net.org.info.biz)の更新費用は最安値です。

ただし、.work.artなどのマイナードメインを取得する予定なら、ドメインの種類を多く扱う「お名前.com」を利用しましょう。

レジストラに関しては、「独自ドメイン取得におすすめの会社がわかる【無料で取る方法も解説】」で解説しています。

2-1:ドメインの公式サイトへ

エックスドメインの公式サイトへアクセスします。

エックスドメインの公式サイトはこちら

2-2:ドメイン名を検索

取得したいドメイン名を入力して「検索」をクリックします。

メジャードメインを中心にドメインが一覧表示されます。

ドメインの種類による違いはありませんが、個人的には.com.jpを取得するようにしています。

どのドメインを取ろうか悩んでいる方は「【初心者向け】ドメインの末尾はどれがいい?3つの選び方を解説」を参考にしてみて下さい。

もし、他の種類のドメインを検索したいのであれば、「こちら」をクリックします。

取得したいドメインを空欄に1行ごとに入力します。

先ほどと同様に、取得できるドメインであれば「取得可能です」と表示されます。

2-3:キャンペーン申請

ドメイン名が決まったらキャンペーン対象に当てはまるドメインかどうかを確認してください。

これは、エックスサーバーのキャンペーン内容です。

エックスサーバーに申し込んだ場合、ドメイン永久無料キャンペーン中であれば、指定のドメインが無料になります。

エックスサーバー以外にもサーバー各社、ドメイン無料キャンペーンをよく行っています。

キャンペーンを適用させるには、Xserverアカウントにある「各種特典のお申し込み」から申請を行います。


スクショ参照:エックスサーバー

取得できるドメイン名を、上記の様に入力して申し込めば、キャンペーンの申請完了です。

※キャンペーン申請する時は、エックスドメインで決済を行う前でなければなりません。決済を行う必要はありません。

2-4:ドメイン料金の支払い

もしキャンペーンに適用されないドメインであれば、通常通り料金の支払いを行います。

.comが既に取得されているので、空いている.jpを取得します。

取得したいドメインの横にチェックマークを入れ、「取得手続きに進む」をクリックします。

エックスサーバーを先に契約していれば、新たにアカウント登録をする必要はありません。

エックスドメインとエックスサーバーは同じ管理画面下にあります。

支払い方法を選ぶ

支払い方法は4つあります。お好きな方法で決済してください。

最終確認

ドメイン名と料金を確認します。

最後に「同意する」にチェックマークを入れ、「申し込む」をクリックして支払い完了です。

2-5:管理画面でドメインを確認

Xserverアカウントにログインしてドメイン欄を確認すると、先ほど購入したドメインが表示されています。

手順3:サーバーとドメインを紐付けする

サーバー契約とドメイン取得が完了したので、今度は紐付けを行います。

紐付けとは、サーバーにドメインを反映させることです。

3-1:サーバーパネルにアクセス

先ほどまで利用していたXserverアカウントではなく、「サーバーパネル」で作業を行います。

3-2:ドメインを追加する

まずはドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定追加から先ほど取得したドメイン名を入力します。

無料独自SSLとXアクセラレータはチェックマークが入ったままにして下さい。

そして、ドメインの追加を完了させます。

3-3:ドメインの設定完了

これでドメインの設定が完了しました。

「ドメイン設定一覧」を確認すると、先ほど追加したドメインが表示されています。

追加したばかりだとサーバーとの紐付けに時間がかかるので「反映待ち」とありますが、1時間ぐらいで「反映待ち」の表示が消えます。

手順4:WordPressをインストールする

ここでようやくWordPressをインストールする作業になります。
WordPressのインストールもサーバーパネルで行います。

4-1:簡単インストール

「WordPress簡単インストール」をクリックします。

WordPressをインストールしたいドメインの「選択する」をクリックします。

設定対象ドメインを確認して、「WordPressインストール」をクリックします。

4-2:必要情報の設定

ユーザー名とパスワードは、WordPressにログインするために必要なので、忘れないようにメモしておきましょう。

その他の項目は、特に変更せずそのままでOKです。

確認画面に進むと「MySQL」の項目が追加されていますが気にせずでOKです。
設定内容を確認して「インストールする」をクリックします。

4-3:インストール完了

WordPressのインストールが完了するとこんな画面になります。

「管理画面URL」に記載してある、URLにアクセスすることでWordPressの管理画面に行くことができます。

4-4:WordPressにログイン

管理画面URLにアクセスして下さい。
するとWordPressにログインするためのページが表示されます。

そこに先ほど登録したユーザー名とパスワードを入力します。

この管理画面上で投稿やテーマのインストールなどを行います。
左上にあるブログタイトル(スクショ画像の場合ナオウェブの部分)をクリックして下さい。

初期設定はこれからですが、これでWordPressブログの立ち上げは完了です(´∀`=)

デフォルトでWordPressの公式テーマがインストールされているので、こんな感じのデザインになっています。

クイックスタートの場合【所要時間5分】

手順5(初期設定)に入る前にクイックスタートを利用した場合の流れを解説します。

「手順1-3:サーバー契約内容」にある、クイックスタートを「利用する」にチェックマークを入れます。

チェックマークをクリックすると、確認事項が表示されます。
理由としては、クイックスタートではお試し期間がなく、そのまま本登録(決済)となるからです。

サーバーの契約期間は3〜36ヶ月まで選べます。12ヶ月でいいと思います。

手順2で行うドメイン取得をこのタイミングで行います。
ドメインが既に取得されていると、取得できないのでよく考えて決めましょう。

取得できるドメイン+永久無料キャンペーンに適用されるドメインの種類であれば、自動的にキャンペーンが適用されます。

手順4のWordPressインストールもこのタイミングで行います。

「Xserverアカウントの登録へ進む」をクリックした後は、「手順1-4:アカウント情報」と同様に必要情報を入力して、クレジットカードで決済を行えば、WordPressブログの完成です。

おそらく所要時間5分ぐらいだと思います。

手順5:WordPressの初期設定をする

WordPressブログの立ち上げが完了してホッとしているかと思いますが、初期設定も大事な項目なので忘れないように設定をしましょう。

WordPressブログを運営する上で必須の設定が7つあります。

7つの初期設定

  • 5-1:SSLを設定
  • 5-2:パーマリンクを設定
  • 5-3:テーマを設定する
  • 5-4:サイトマップを設定する
  • 5-5:サーチコンソールを設定する
  • 5-6:アナリティクスを設定する
  • 5-7:プラグインを導入する

できればブログを書き始める前に、こちらの設定を完了させることをおすすめします。

各設定内容はそれぞれ別記事でまとめています。

5-1:SSLを設定

独自SSLとは、ネットワーク上の通信を暗号化する技術のことを言います。

設定方法に関しては「【簡単】WordPressブログを常時SSL化する設定方法【httpからhttps】」で解説しています。

【簡単】WordPressブログを常時SSL化する設定方法【httpからhttps】

5-2:パーマリンクを設定

パーマリンクとは、「定義したURL構造を元に生成されたURL」のことです。

設定方法に関しては「WordPressブログの最適なパーマリンク設定【一度決めたら変えない】」で解説しています。

WordPressブログの最適なパーマリンク設定【一度決めたら変えない】

5-3:テーマを設定する

テーマとは、ブログをおしゃれに着飾るテンプレートのことです。

記事の見せ方はもとより、テーマによって導入するプラグインが変わってくるので、早めにテーマをインストールすると良いでしょう。

おすすめテーマに関しては「【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】)」で解説しています。

【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】

5-4:サイトマップを作成する

サイトマップとは、ブログ全体のページ構成を検索エンジンに伝える役割を持ちます。

作成方法に関しては「WordPressでサイトマップを作成する方法【おすすめプラグインも紹介】」で解説しています。

WordPressでサイトマップを作成する方法【おすすめプラグインも紹介】

5-5:サーチコンソールを登録する

サーチコンソールとは、ブログの分析や管理を行えるツールです。

登録方法に関しては「【必須】WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する方法と使い方」で解説しています。

【必須】WordPressでGoogleサーチコンソールを登録する方法と使い方

5-6:アナリティクスを設定する

アナリティクスとは、ブログのアクセス解析を行うツールです。

設定方法に関しては「【簡単】WordPressブログを常時SSL化する設定方法【httpからhttps】」で解説しています。

【簡単】WordPressブログを常時SSL化する設定方法【httpからhttps】

5-7:プラグインを導入する

プラグインとは、WordPressに様々な機能を追加することができるプログラムです。

導入すべきプラグインに関しては「WordPressで導入すべきおすすめプラグイン3+11選【これだけでOK】)」で解説しています。

WordPressで導入すべきおすすめプラグイン3+11選【これだけでOK】

WordPressに関するよくある質問

最後に、WordPressブログに関するよくある質問をまとめました。

よくある質問

  • 質問1:WordPressのインストール代行とは?
  • 質問2:海外テーマって実際どうなんですか?
  • 質問3:クイックスタートは利用した方がいいの?
  • 質問4:初期ドメインでブログを運営してもいいの

質問1:WordPressのインストール代行とは?

ネットで調べると「WordPressインストール+初期設定」を5,000〜30,000円で請け負う案内をよく見かけますが、これは重度のパソコンアレルギー方向けのビジネスだと思います。

この記事でも解説した通り、WordPressブログは誰でも作れるので、できる限り自分でやられた方が今後の為でもあります。


質問2:海外テーマって実際どうなんですか?

私は4つの海外テーマを持っていますが、結論から言うと、今はどのテーマも使っていません。

私が初めて購入した有料テーマは海外テーマの「NEWSPAPER」ですが、1つのテーマなのに何十種類ものデザインパターンが利用できるので「凄すぎるっ!」と思っていたのですが、日本語に最適化されていないのでやはり扱いずらかったです。

詳しくは「海外テーマをおすすめしない理由(執筆中です)」で解説します。


質問3:クイックスタートは利用した方がいいの?

基本的にはどちらでもいいのですが、エックスサーバーを契約するなら、クイックスタートを利用して問題ありません。

理由としては、取得したドメインをエックスドメインで管理することができるからです。

しかし、ミックスホストやConoHawingだと、キャンペーン対象となるドメインを取得するならいいのですが、キャンペーン対象外のドメインを取得すると費用が割高になってしまうことがあります。

さらに、ドメインの種類によってはWhois情報公開代行が利用できないものもあります。

まとめると、キャンペーン対象になるドメインを取得するならクイックスタートでOK、それ以外ならドメインの価格を比較してから決めた方がいいです。


質問4:初期ドメインでブログを運営してもいいの?

サーバー契約時に初期ドメインと言う無料ドメインを取得することになります。

エックスサーバーだと「naoweb.xsrv.jp」、ミックスホストだと「naoweb.mixh.jp」、こういったドメインです。

初期ドメインで運営しているWebサイトだと「ドッグフードの神様」が有名ですが、個人的には、指名検索やSNS運用のことを考えると独自ドメインで運営した方がいいと思います。


WordPressブログを運営していく中で、分からないことやトラブルが起きると思いますが、基本的にはネット上に解決策があるのでその都度クリアしていきましょう。

エックスサーバーでWordPressブログを始めるには以下のボタンから公式サイトへ行けます。

エックスサーバーの公式サイトはこちら

というわけで以上です。