【個人向け】レンタルサーバー12社を徹底比較【おすすめは2社】

【検証】レンタルサーバーの定番12社を比較【おすすめは2社】

「これからブログを始めるようと思うけど、おすすめのレンタルサーバーってどこだろう」
「ネットビジネス初心者だからお手頃価格で、簡単にWordPressがインストールできると助かる」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • レンタルサーバー12社の比較【おすすめは2社】
  • レンタルサーバーに関するよくある5つの質問
  • 結論:おすすめ2社から選べば間違いない!

この記事を書く私は、Web関連の仕事に携わって9年、アフィリエイト暦は5年です。

結論として、これからブログを始める方なら「エックスサーバー(X10プラン)」か「ミックスホスト(スタンダートプラン)」がおすすめです。

使い分けとしては次の通りです。

私も実際、この2つのレンタルサーバーを契約していますが、トラブルなく快適に利用できています。

サーバーの種類や機能、料金が各社違うので一概にランキング付けはできませんが、個人が利用する上でおすすめできるレンタルサーバーを各社比較しつつ紹介します。

レンタルサーバー関連の情報を調べても「結局どこにすべきか分からない」といった記事が多いので、他社サーバーと比較しつつ解説します。

レンタルサーバー12社を比較【おすすめは2社】

レンタルサーバーは国内企業だけでも30社以上あります。
そのため、選び方の基準を理解していないと「結局どこにすべきか分からない」となってしまいがちです。

レンタルサーバーの選び方に関しては「もう迷わない!レンタルサーバーの正しい選び方【5つのポイント】」で詳しく解説していますが、以下の点に注意して選ぶと失敗しません。

選び方の基準

  • 同時アクセスに強い
  • サポート力がある
  • スペックが優れている
  • プラン変更できる
  • セキュリティ力がある

これからの基準を満たしているおすすめの2社と、その他の10社について解説します。

おすすめ1:エックスサーバー

エックスサーバー(Xserver)は、間違いなくベストレンタルサーバーです。ど定番です。

「スペック・安定性・サポート」どれも優れているので、初心者から上級者まで多くの愛用者がいます。

実際、私も5年間利用していますが、他社サーバーに変更しようと思ったことは一度もないです。

ここ数年でミックスホストとカラフルボックスがメキメキ頭角を表してきましたが、結局エックスサーバーに落ち着くことになりました。

プランは全部で3つありますが、これからブログを始める方であれば「X10プラン」で十分です。

プラン|料金 X10|月1,000円
容量|転送量 SSD200GB|日70GB
ドメイン数|DB 無制限|DB50個
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 自動バックアップあり
サポート メール+電話

エックスサーバーの公式サイトはこちら

利用者が多いのでネット上にも豊富に情報がありますし、サポート対応も迅速なのでマイナス点が見当たらないです。

おすすめ2:ミックスホスト

ミックスホスト(Mixhost)は、最強スペックが強みのレンタルサーバーです。
同じ価格帯のサーバーと比較すると数倍スペックが優れています。

エックスサーバーではまだ導入していない高速化技術を取り入れたりもしているので、初心者だけでなく法人用のビジネスサーバーとしても難なく利用できるスペックです。

エックスサーバーと同様にデメリットと言えるものは正直ないのですが、強いて挙げればサービス開始が2016年なのでまだ実績が少ないことぐらいです。

私自身もミックスホストを利用して2年目になりますが、サイトの表示速度めっちゃ早いです。

プランは全部5つありますが、これからブログを始める方であれば「スタンダードプラン」で十分です。

プラン|料金 スタンダード|月980円
容量|転送量 SSD250GB|日4.5TB
ドメイン数|DB 無制限|DB無制限
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 自動バックアップあり
サポート メールのみ

ミックスホストの公式サイトはこちら

数少ないアダルトOKなサーバーでもあるので、精力剤や恋愛など性の悩みに関するブログを運営するならミックスホスト一択です。

その3:カラフルボックス

カラフルボックス(CorlorfulBox)は、ミックスホストと同様、スペックに力を入れているレンタルサーバーです。

2018年7月にリリースされたのでまだ利用者が少ないのですが、ブロガーやアフィリエイターからの評判はすこぶる良好です。

災害対策用のデータバックアップ対策をしているので、Webサービスの運営にも適しています。

ただし、利用者がもっと増えてきた際、通信速度やトラブルなどのリスクがまだ不明なので、利用するならもう少し様子を見てからでもいいと思います。

プランは全部で8つありますが、これからブログを始める方であれば「BOX1プラン」か「BOX2プラン」でOKです。BOX1プランなら月額580円で利用できます。

プラン|料金 BOX2|月1,060円
容量|転送量 SSD300GB|日3TB
ドメイン数|DB 無制限|DB無制限
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 自動バックアップあり
サポート メール+電話+チャット

カラフルボックスの公式サイトはこちら

スペックはミックスホストと似たような感じです。利用者がどんどん増えそうな予感がします。

その4:さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバは、ホスティング20年以上の実績がある老舗レンタルサーバーです。

WordPressに対応してるスタンダートプランなら月額524円で利用できるのでコスパも良好です。

以前までは技術面に関して、他社と比べて見劣りする面もありましたが、2018年にサーバー環境が増強されました。

しかし、専用サーバーの話ですが、去年バズった「ほんとうに怖い。さくらのレンタルサーバー」の記事を読んで、個人的に利用は控えようと思いました。

さくらのサーバから他サーバーに切り替えて、ブログの表示速度が上がった話はよく聞くので、個人的なおすすめ度は低いです。

プラン|料金 スタンダード|月476円
容量|転送量 HDD100GB|日80GB
ドメイン数|DB 100個|DB20個
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 設定が必要
サポート メール+電話

さくらのレンタルサーバ公式サイトはこちら

決定的なデメリットはありませんが、より性能の優れているサーバーがあるので、さくらのサーバを優先して選ぶような感じではないです。

その5:コノハウィング

コノハウィング(ConoHaWing)は、処理速度を強みにしているレンタルサーバーです。

ブログの表示速度が遅いとユーザーは離脱してしまうので、強みに関しては好感を持てます。

しかし、2018年9月にリリースされたので、まだまだ利用者が少なく、知名度も低いです。

トップページに「アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo1」と掲載されていますが、残念ながら私の周りで使っている友人はいません。

プラン|料金 ベーシック|月900円
容量|転送量 SSD250GB|日4.5TB
ドメイン数|DB 無制限|DB60個
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 自動バックアップあり
サポート メール+電話+チャット

コノハウィングの公式サイトはこちら

導入事例や紹介記事が公式サイトに掲載されていますが、実際にそのブログが利用しているサーバーはコノハウィング以外だったりするので、ややポジショントーク気味だと思いました。

その6:カゴヤジャパン

カゴヤジャパン(KagoyaJapan)は、障害に強く安定性のあるレンタルサーバーです。

物理サーバーを分散運用して安定性を高めているので、個人ではなく法人の利用率が高いことが特徴です。
特に、社内インフラとして利用している企業が多いです。

技術的なサポート力が高いようですが、個人でブログやアフィリエイトサイトを運用するのであれば、わざわざ割高なカゴヤジャパンを利用する必要はないかと思います。

プラン|料金 S22|月1,600円
容量|転送量 SSD200GB|日160GB
ドメイン数|DB 無制限|標準10GB
独自SSL 無料
WordPress なし
バックアップ 自動バックアップあり
サポート メール+電話+Twitter

カゴヤジャパンの公式サイトはこちら

その7:スターサーバー

スターサーバー(StarServer)は、安さをウリにしたレンタルサーバーです。

サーバー設備を少しずつ増強はしていますが、正直これといった特徴はないです、、、。

月額500円は安いですが、それならもう少し金額をあげてエックスサーバーやミックスホストを利用した方が後々メリットがあります。

プラン|料金 スタンダード|月500円
容量|転送量 SSD100GB|日4.5TB
ドメイン数|DB 無制限|DB20個
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ なし
サポート メールのみ

スターサーバーの公式サイトはこちら

その8:ロリポップ

ロリポップ(Lolipop)は、格安をウリにして170万人以上が利用するレンタルサーバーです。
おそらく知名度は他社サーバーと比べても圧倒的です。

WordPressが利用できるライトプランだと月額250円なので魅力的ですが、残念ながら性能は貧弱です。
実益を求めてブログを行うのであればハイスピードプランが理想の選択肢です。

なお、ロリポップは過去に3度大きなトラブルがありました。

  • 2006年3月:サイト改ざん被害
  • 2006年8月:インデックス障害
  • 2013年9月:サイト改ざん被害

これらのトラブルで信用を大きく失ったと思います、、、。
安いことは確かにメリットですが、個人的には勧めることはできないです。

プラン|料金 ハイスピード|月1,000円
容量|転送量 SSD200GB|日200GB
ドメイン数|DB 無制限|DB70個
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 自動バックアップあり
サポート メール+電話+チャット

ロリポップの公式サイトはこちら

その9:コアサーバー

コアサーバー(CoreServer)は、スターサーバーやロリポップと同様、格安プランが特徴のレンタルサーバーです。

一番安価なCORE-MINIプランだと月198円で利用できます。

ただし、価格が安いのに転送量やドメイン数などが無制限なので、同時アクセスや表示速度に期待はできないかと思います。

「これから本気でブログに取り組むぞー」といった方より「ちょっと試しにやってみようかな」といったライトユーザーに向いています。

プラン|料金 CORE-A|月397円
容量|転送量 SSD240GB|日無制限
ドメイン数|DB 無制限|DB無制限
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 自動バックアップあり
サポート メール+電話+チャット

コアサーバーの公式サイトはこちら

その10:ヘテムル

ヘテムル(Heteml)は、一風変わったキャンペーンが特徴的なレンタルサーバーです。

今までアニバーサリーやサーバー増強のタイミングで以下のようなキャンペーンが行われました。

  • 2020年:20,000円キャッシュバック
  • 2018年:SSL証明書50%OFFキャンペーン
  • 2016年:初期費用+11ヶ月分無料
  • 2012年:いいハムキャンペーン(ネタ系のキャンペーンです。)

他社サーバーのキャンペーンだと、ドメインや初期費用を無料にするぐらいなので、ヘテムルのキャンペーンは面白みがあります。

なお、2005年にサービスが開始された老舗のホスティングサービスですが、他社サーバーに追い越された感が否めません。
性能面に関しても、少しずつ増強していますが、増強タイミングが遅いと感じます。

プラン|料金 ベーシック|月800円
容量|転送量 SSD200GB|日160GB
ドメイン数|DB 無制限|DB70個
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 自動バックアップなし
サポート メール+電話

ヘテムルの公式サイトはこちら

その11:お名前.comレンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバーは、初期費用や利用料2ヶ月、ドメインを実質無料にしてお得さをウリにしているレンタルサーバーです。

他社にはない仕組みとして、混み合っている物理サーバーを空いているサーバーに移動できるサービスがあります。

なお、処理速度が速いことを謳っていますが、利用者の評判を確認するとエックスサーバーやミックスホストの方が断然速いようです。

さらに付け加えると、初期費用と利用料2ヶ月無料なので0円で契約できると記載されていますが、最低利用期間が3ヶ月なので途中で解約しても0円にはなりません。
個人的には商業性が強いと感じました。

プラン|料金 RSプラン|月980円
容量|転送量 SSD250GB|日4.5TB
ドメイン数|DB 無制限|DB20個
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 自動バックアップなし
サポート メール+電話(24時間)

お名前.comレンタルサーバーの公式サイトはこちら

利用者が少ないのでネット上にはあまり情報はありませんが、24時間の電話サポートがあるので初めてブログを作る人にとっては助かるかもしれません。

その12:バリューサーバー

バリューサーバー(ValueServer)は、ロリポップやスターサーバーと同様に、格安をウリにしているレンタルサーバーです。

安いこと以外に特徴がないので、おすすめ度はかなり低いです、、、。

プラン|料金 スタンダード|月334円
容量|転送量 SSD100GB|不明
ドメイン数|DB 無制限|無制限
独自SSL 無料
WordPress 簡単インストールあり
バックアップ 自動バックアップなし
サポート メールのみ

バリューサーバーの公式サイトはこちら

レンタルサーバーに関するよくある5つの質問

レンタルサーバーを利用するにあたって、よくある質問は次の通りです。

よくある質問

  • 質問1:ブログが育ってきたらプランは変更できますか?
  • 質問2:他社サーバーに移転するにはどうすればいいのですか?
  • 質問3:WordPress専用のサーバーとはなんですか?
  • 質問4:無料のレンタルサーバーでもいいのですか?
  • 質問5:レンタルサーバーによって禁止事項はありますか?

質問1:ブログが育ってきたらプランは変更できますか?

プラン変更は、変更できる会社と変更できない会社があります。

さらに、プラン変更できる会社でも上位プラン下位プランへと柔軟に変更できる会社と、上位プランへしか変更できない会社があります。


質問2:他社サーバーに移転するにはどうすればいいのですか?

サーバー移転は会社ごとに方法が異なりますが、基本的には以下の流れになります。

  • ステップ1:管理画面で移転したいブログのドメインを設定
  • ステップ2:移行作業に必要な情報を入力
  • ステップ3:ネームサーバーの変更

サーバーの移転自体はわりとサクッとできますが、データを失うリスクはゼロではないです。

まず無料や格安サーバーを利用して、後々サーバーを移転しようと考えている方もいると思いますが、初めからきちんとしたレンタルサーバーを利用することをおすすめします。


質問3:WordPress専用のサーバーとはなんですか?

WordPress専用のサーバーとは、WordPressを利用するために性能を最適化したサーバーです。
WordPressの国内シェアが圧倒的なことから、専用プランを各社リリースしています。

しかし、専用プランは性能に対してコストが割高です。

さらに、一般的な共用サーバーでもWordPressは利用できるので、わざわざ専用プランを利用するメリットは薄いです。
WordPress専用サーバーではなく、共用サーバーを利用しましょう。


質問4:無料のレンタルサーバーでもいいのですか?

無料のレンタルサーバーはおすすめしません。
実益を求めてブログを行うのであれば、致命的な欠点があります。

詳しくは「WordPressが利用できる無料レンタルサーバー5社【注意点も解説】」で解説しています。


質問5:レンタルサーバーによって禁止事項はありますか?

レンタルサーバーには、各社コンテンツに関する制限があります。
基本的には、多くの会社でアダルトコンテンツを禁止にしています。

例えば、精力剤や性病キット、同人系コンテンツなどです。
他にも、恋愛や婚活に軸をおいたコンテンツでも内容によってはNGです。

そのため、ブログジャンルによっては、いつも使っているレンタルサーバーだと使えないことがあるので注意が必要です。

結論:おすすめ2社から選べば間違いない!

改めて結論をくり返すと、おすすめ2社である「エックスサーバー」か「ミックスホスト」を選べば間違いないです。

まず後悔することはないと断言できます。

なお、安い=初心者向きで、ではありません。
レンタルサーバーに関しては、多少なりとも安かろう悪かろうがあります。

のちのち後悔しないためにも、月1,000円前後のレンタルサーバーを利用しましょう。
ブログ運営はメリットしかないので、ぜひ一歩踏み出してみてください。

というわけで以上です。