【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】

「ブログやアフィリエイトに適した、おすすめのWordPressテーマ(テンプレート)を知りたい。」

「人気テーマの特徴や他テーマとの違いをよく理解した上で、自分に合ったWordPressテーマを選びたい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • WordPressの人気テーマ9選【おすすめは3つ】
  • WordPressテーマに関するよくある質問
  • WordPressテーマを有効化するまでの手順

この記事を書く私は、Web関連の仕事に携わって9年、アフィリエイト暦は5年です。
今まで海外テーマ含めて10以上の有料テーマを購入して実際に色々と試してきました。

結論から言うと、もし私が友人に勧めるとしたら次のテーマです。

  • SANGO(サンゴ)
  • AFINGER5(アフィンガー5)
  • STOCK19(ストーク19)

ただし、この3つ以外にも、人気のあるテーマは数多くあるので、どのテーマにするかは最終的に好みになります。

今では国内テーマが充実しているので、どれにしようか悩むと思いますが、テーマごとの特徴も合わせて解説しますので、テーマ選びの参考にしてみてください。

WordPressの人気テーマ9選【おすすめは3つ】

無料テーマ有料テーマに関わらず、人気のある国内テーマは次の9つです。

人気テーマ9選

  • おすすめ1:SANGO(サンゴ)
  • おすすめ2:AFFINGER5(アフィンガー5)
  • おすすめ3:STORK19(ストーク19)
  • その4:JIN(ジン)
  • その5:DIVER(ダイバー)
  • その6:THE THOR(ザ・トール)
  • その7:SWELL(スウェル)
  • その8:Cocoon(コクーン)
  • その9:Xeory Base(セオリーベース)

それぞれのデザインや機能などをレビューします。

※おすすめ度やレビュー内容はあくまでも個人的な評価です。ブロガーごとに意見は別れるので参考程度に留めてください。

おすすめ1:SANGO(サンゴ)

SANGOは、柔らかさのある可愛らしいデザインとカスタマイズ性に優れたテーマです。

女性ブロガーや女性ターゲットなら、サイトの世界観にデザインがよくマッチすると思います。

個人的に気に入ってる点としては、スマホ表示の最適化がずば抜けていることです。
人気のある定番テーマだとしても、スマホで見るとデザインの空白や行間が最適化されていないことがよくあります。

基本的にパソコンから流入より、スマホからの流入の割合が大きいので、スマホで読みやすいことはそれだけで大きなアドバンテージです。

他にも、語り尽くせないほど良い点がありますが、マークアップ言語を触らずとも簡単に装飾ができるように配慮されているので、初心者でも自分好みのブログを作ることができます。

公式サイトにはカスタマイズ情報が豊富に共有されているので、楽しみながらデザインをいじることができると思います。

おすすめ2:AFFINGER5(アフィンガー5)

AFFINGER5は、どのジャンルにも合う万能なデザインと幅広い機能が魅力のテーマです。

ASPサイトコンテストで入賞しているサイトのテーマを調べると、AFFINGER5を使っているのをよく見るので、アフィリエイト用途の利用者が多いと思います。

AFFINGER5の強みは何と言っても、実装している機能が多彩なことです。
ランキングやアニメーション、広告計測まで、、、。何でもできます。

ただし、導入したい機能によっては追加料金がかかります。
また、多機能であるが故に、テーマを構成するファイル数が多いので表示速度に重さを感じます。(主観です。)

おすすめ度 ★★★★☆
価格 14,800円(税込)
開発元 株式会社オンスピード

初めて使う方だと設定だけで数時間かかるかもしれませんが、収益への導線も作りやすいので稼げるブログを作れると思います。

おすすめ3:STORK19(ストーク19)

STORK19は、おしゃれ国内テーマの元祖ともいえるOPENCAGEが開発するテーマです。

デザインの位置付けは、SANGOとAFFINGER5の間にあるようなイメージです。柔らかさがありつつ、ビジネス的な締まりもあるので、バランス感が良いデザインです。

実装している機能は他テーマと大きな違いはありませんが、AFFINGER5のように多機能過ぎないので初心者でも扱いやすいと思います。

OPENCAGEでは他にも、「アルバトロス・ハミングバード・スワロー」といったテーマも販売していますが、個人的にはストーク19が最もおすすめです。

おすすめ度 ★★★★☆
価格 11,000円(税込)
開発元 株式会社bridge

正直「SANGO・AFFINGER5・JIN」に乗り換えた人が多いように感じますが、それでも根強い人気があるテーマです。

その4:JIN(ジン)

JINは、有名ブロガーの「ひつじ」さんがプロデュースした、女性らしいデザインが特徴的なテーマです。

女性好みの可愛いデザインなので、実際に多くの女性ブロガーが使っているのを見かけます。

また、ランキングやタブ表示、デザインの着せ替えなど、定番テーマに実装されている機能は一通り使うことができます。

なお、個人的に感じたマイナス点は、表示速度がモッサリしていることと、スマホ表示の最適化が粗いことです。

今では多少改善されていますが、それでも空白や行間がパソコン寄りなので、スマホだとやや読みズラさを感じてしまいます。

おすすめ度 ★★★☆☆
価格 14,800円(税込)
開発元 CrossPiece

SANGOとデザインの雰囲気が似ているので、JINとSANGOで悩む方が多いと思います。

その5:DIVER(ダイバー)

DIVERは、欠点の少ない総合力の高いテーマです。

フォントサイズや行間などがビジネス系ニュースサイトをほうふつさせるので、ビジネス系ブログに合いそうな男性向けのデザインだと思います。

他テーマと比べて値段が高い分、メールサポートがあるので、初めてWordPressを扱う方でも安心して利用できます。

ただし、収益に繋げるための重要なランキングページはちょっとダサいです、、、。しかも、スマホで確認すると星マークに文字が被ってます。

おすすめ度 ★★★☆☆
価格 17,800円(税込)
開発元 高木さん

個人的にはAFFINGER5とSTORK19を足して2で割ったようなテーマだと思っています。

その6:THE THOR(ザ・トール)

THE THORは、デザインの着せ替え機能がウリのテーマです。

着せ替えパターンは全部で12種類あるので、好みのデザインを簡単に設定することができます。

これと言って他テーマと異なるような点はありませんが、正直デザインに関しては、他テーマの方が細部までこだわっていてるように感じます。

また、絞り込み検索機能が実装されているデザインパターンがありますが、PPCで使えるような絞り込み機能ではなかったことが残念です。

おすすめ度 ★★☆☆☆
価格 14,800円(税込)
開発元 フィット株式会社

その7:SWELL(スウェル)

SWELLは、素朴でシンプルなんだけど、オシャレさも感じさせるテーマです。

シンプル系のテーマを探している方にはおそらくドンピシャのデザインかと思います。
女性らしいデザインが特徴的なJINを男性向けにした感じです。

購入者限定の質問フォーラムがあるので、トラブルが起きても対処法を気軽に質問することができます。

おすすめ度 ★★☆☆☆
価格 17,600円(税込)
開発元 LOOS WEB STUDIO

その8:Cocoon(コクーン)

Cocoonは、無料テーマなのに有料テーマ並みの機能を有しているテーマです。

おそらく、国内無料テーマの中だと最強なのでは、、、と思います。

どうしても有料テーマと比べて見栄えは劣ってしまいますが、それでもまずは無料テーマから始めたい方にはこのテーマ一択です。

おすすめ度 ★☆☆☆☆
価格 無料
開発元 わいひらさん

その9:Xeory Base(セオリーベース)

Xeory Baseは、コンテンツマーケティングで有名な株式会社ルーシー(バズ部)が開発するテーマです。

シンプルでくせのないテーマが無料なのはメリットですが、無料テーマであるが故に、他テーマで実装されているような便利機能はありません。

見出しやボックスなどのデザインに関しても、見栄えを求めるなら基本的に自分でCSSを設定する必要があります。

今では国内テーマが充実しているので、どちらかと言うと、Webデザインができる玄人が、オリジナルのWordPressを作るためのベースにするようなテーマだと思います。

おすすめ度 ★☆☆☆☆
価格 無料
開発元 株式会社ルーシー

競合調査において多くのブログを見てきましたが、この9つのテーマの内どれかを利用している方が多いと感じます。

数年前までは、「賢威」や「シリウス」も流行っていましたが、今ではあまり見かけなくなりました。

繰り返しになりますが、最終的には好みになるので、テーマごとのデモサイトを確認しつつ好みのテーマを選んでみてください。

WordPressテーマに関するよくある質問

WordPressテーマに関するよくある質問をまとめました。

人気テーマ9選

  • 質問1:SEOに強いテーマとは?
  • 質問2:無料テーマでもいいの?
  • 質問3:海外テーマは実際どうなの?
  • 質問4:企業サイトも作れる?
  • 質問5:親テーマ・子テーマとは?

それぞれの質問に回答します。

質問1:SEOに強いテーマとは?

SEOに強いテーマとは、Googleガイドラインに沿って内部対策が施されているテーマのことですが、今ではどのテーマも基本的に大差ありません。

どちらかと言うと、XMLサイトマップを設定したり、正しい文書構造で記事を書いたり、、、他にも色々ありますが、ブログ運営者側で行うべきことなので、あまり気にする必要はありません。

ただし、表示速度に関しては、SEOに関連しているのでモッサリして動作が遅いテーマは避けた方が無難です。

質問2:無料テーマでもいいの?

今では無料テーマでも優れたものが多くありますが、それでも個人的には有料テーマをおすすめします。

ブログ運営に慣れてくると、より読みやすさを追求したり、収益化できるような施策を行っていくことになります。

そうなると、どうしても有料テーマの方が痒いところに手が届くので、結果的に「初めから有料テーマ使っておけば良かった」となると思います。

質問3:海外テーマは実際どうなの?

ブログやアフィリエイトなどのコンテンツメディア用途なら、海外テーマは使わない方がいいです。

海外テーマは国内テーマと比べて値段が安い上に、一つのテーマで20〜100種類のデザインパターンが用意されているので一見お得そうに感じます。

しかし、日本語対応されているテーマも多いのですが、どうしても元のデザイン構造は英語に最適化されているので、ごりごりカスタマイズしないと扱いずらいです。

私自身も色々と購入しましたが、結局のところ今では一つも利用していません。

詳しくは「使って分かった海外テーマがおすすめできない理由(執筆中です。)」で解説しています。

質問4:企業サイトも作れる?

WordPressテーマには、用途ごとに適したテーマがあります。

この記事で紹介したテーマはどれもブログ用に適したものなので、企業サイトを作るなら企業向けのテーマを利用することをおすすめします。

詳しくは「企業サイトにおすすめのテーマ(執筆中です。)」で解説しています。

質問5:親テーマ・子テーマとは?

親テーマと子テーマの違いは次の通りです。

  • 親テーマ:通常のテーマ
  • 子テーマ:カスタマイズ用のテーマ

親テーマは基本的に変更しないことが鉄則です。

理由としては、テーマをアップデートする際にカスタマイズした内容が変更されてしまうことと、重要なコードを誤って削除することを防ぐためです。

そのため、子テーマを利用してカスタマイズしたい箇所だけ上書きできるようにします。

なお、有効化するのは子テーマの方です。親テーマはインストールしてテーマディレクリに置いたままにします。

子テーマの作り方に関しては「WordPress子テーマの作り方を3つの手順に分けて解説【作業時間5分】」で解説しています。

WordPress子テーマの作り方を3つの手順に分けて解説【作業時間5分】

WordPressテーマを有効化するまでの手順

最後に、WordPressテーマをブログに反映させるための手順を解説します。

当サイトはSANGOを利用しているので、SANGOを例としています。テーマを反映させる手順はどのテーマでも違いはありません。

全部で10つのステップがあります。とても簡単なのでサクッと反映させてしまいましょう。

STEP.1
まず、テーマの公式サイトか販売サイトで親テーマと子テーマをダウンロードします。

STEP.2
ダウンロードしたファイルは拡張子が「.zip」です。

STEP.3
つづいて、WordPressの管理画面から「外観」項目の「テーマ」をクリックします。

STEP.4
新規追加をクリックします。

STEP.5
テーマのアップロードをクリックします。

STEP.6
ファイルを選択をクリックします。

STEP.7
ダウンロードした親テーマと子テーマのzipファイルをインストールします。

STEP.8
インストールした後はこんな感じでテーマが表示されるので、子テーマを有効化して完了です。

こんな感じで2分もあれば完了すると思います。あとは、ロゴや配色などの基本設定を行えばOKです。

記事が入っていない状態だと味気なく見えるかもしれませんが、記事を追加しつつデザインも少しずつ微調整していきましょう。

繰り返しになりますが、個人的におすすめするテーマは次の3つです。

というわけで以上です。