これが無料?無料なのにおしゃれなWordPressテーマ10選【ブログ向け】

「あまりお金はかけたくないから、WordPressの無料テーマの中で良さげなテーマを知りたい。できれば実用的でおしゃれなテーマだとなお良い。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 無料なのにおしゃれなWordPressテーマ10選
  • 無料なのにはワケがある【慈善ではない】

この記事を書く私は、Web関連の仕事に携わって9年、アフィリエイト暦は5年です。

結論から言うと、国内の無料テーマに絞るなら次のテーマがおすすめです。

  • Cocoon(コクーン)
  • Xeory Base(セオリーベース)

この2つ以外だと、実益を求めてブログを運営するのはやや難しいかもしれません。

今まで色々なキーワードで競合調査をしてきましたが、この2つ以外のテーマを利用しているブログをほぼ見かけたことがありません。

とは言っても、多くの選択肢から無料テーマを選ぶ方が納得感があると思うので、国内の無料テーマを10個紹介します。

なお、国内テーマに絞った理由は「【経験談】WordPressの海外テーマをおすすめしない3つの理由【断言します】」で解説しています。

無料なのにおしゃれなWordPressテーマ10選

無料なのに比較的おしゃれなWordPressテーマは次の通りです。(国内テーマのみで絞っています。)

無料テーマ

  • その1:Cocoon(コクーン)
  • その2:Xeory Base(セオリーベース)
  • その3:LION MEDIA(ライオンMEDIA)
  • その4:Emanon Free(エマノンフリー)
  • その5:BlogPress(ブログプレス)
  • その6:Lightning(ライトニング)
  • その7:STINGER PLUS2(スティンガー)
  • その8:LIQUID LIGHT 試用版(リキッドライト)
  • その9:4536
  • その10:Habakiri(ハバキリ)

それぞれの特徴を解説します。

その1:Cocoon(コクーン)

Cocoonは、有料テーマ並みに機能が充実している人気テーマです。

商品ランキングやCTA、SNSシェアボタンなど、ブログ運営において必要な機能がきちんと実装されています。

デザイン性は有料テーマと比べて劣りますが、それでも無料でこれだけの機能を有しているのはCocoonだけです。

無料テーマの中でベストなものを探していたら、Cocoonが最有力候補になると思います。

装飾補助 あり
吹き出し あり
商品ランキング あり
CTA あり
上位版 なし

その2:Xeory Base(セオリーベース)

Xeory Baseは、バズ部を運営している会社が配布しているスタイリッシュなテーマです。

他の無料テーマにはない機能として、追尾バナーを設置できる専用のプラグインがあるので、アフィリエイト用途での収益導線を作りやすいです。

また、Xeoryの操作マニュアルでは、画像を多用して手順を解説しているので、初心者でも扱いやすいと思います。

装飾補助 あり
吹き出し なし
商品ランキング なし
CTA なし
上位版 なし

その3:LION MEDIA(ライオンMEDIA)

LION BLOGは、デザイン性の高いテーマです。
デザイン性だけで比べれば、国内無料テーマの中でトップだと思います。

ボックスやボタンなどの装飾バリエーションが多く、Cocoonには劣りますが機能も比較的充実しています。

ただし、テーマのアップデートが2018年2月を最後に止まっているので、使い続けることはやや不安かもしれません。

装飾補助 あり
吹き出し あり
商品ランキング なし
CTA あり
上位版 THE THOR

その4:Emanon Free(エマノンフリー)

Emanon Ereeは、ビジネス系ブログに使えそうなシンプルでクールなテーマです。

あくまでも有料版であるEmanon Proの試用版なので、機能が制限されています。

公式サイトにあるダウンロードページで、メールアドレスを登録することでテーマが配布されます。

装飾補助 あり
吹き出し なし
商品ランキング なし
CTA あり
上位版 Emanon Pro

その5:BlogPress(ブログプレス)

BlogPressは、WordPressテーマを70種類販売するデザインプラスが配布するテーマです。

数年前まで有料で販売していたテーマだけあって、ブログ用途の王道系デザインです。

メールアドレスをメルマガに登録することで、テーマをダウンロードすることができます。

装飾補助 あり
吹き出し なし
商品ランキング なし
CTA あり
上位版 なし

その6:Lightning(ライトニング)

Lightningは、WordPress公式テーマに登録しているシンプルデザインのテーマです。

固定ページを1カラムで作成できるので企業サイト用途としても使うことができます。

各種設定やカスタマイズには、Lightning専用のプラグインを利用する必要があるので、扱いに「慣れ」が必要です。

なお、インスール時のプレビューでは英語表記ですが、日本語版のWordPressをインストールしていれば自動で日本語になります。

装飾補助 なし
吹き出し なし
商品ランキング なし
CTA あり
上位版 Lightning PRO

その7:STINGER PLUS2(スティンガー)

STINGER PLUS2は、BlogPressと同様に、ブログの王道系デザインのテーマです。

もともとSTINGER PRO(5,980円)の試用版としての位置付けでしたが、すでにSTINGER PROの販売は終了しています。

他にも関連テーマがありますが、分類するとこんな感じです。

STINGER8(無料)
STINGER PLUS2(無料)
STINGER PRO(販売終了)
STINGER PRO2(有料)

なお、STINGER PRO2は、STINGER PLUS2の上位版というわけではありません。

デザインや機能的なことではないのですが、公式サイトにある情報がごちゃごちゃしていて、知りたい情報がどこにあるかを探すのが大変だと思います。

装飾補助 あり
吹き出し あり
商品ランキング なし
CTA あり
上位版 なし

その8:LIQUID LIGHT 試用版(リキッドライト)

LIQUID LIGHTは、トップページのスライドショーが印象的なテーマです。

デザインが直線的過ぎて、ややダサさを感じます。
あくまでも上位版テーマを購入してもらうための試用テーマなのでしょう。

アンケートに答えることで、ダウンロードすることができます。

装飾補助 なし
吹き出し なし
商品ランキング なし
CTA なし
上位版 LIQUID LIGHT

その9:4536

4536は、トップページの流体系デザインが印象的なテーマです。
デザインは初見だとアメブロっぽいと感じました。

テーマの名前が特徴的ですが、「4536進行(音楽のコード)」のことのようです。

パンくずリストやページネーションの表示方法などに関して、開発者のこだわりがあるようで、他テーマではあまり見られない実装をしています。

有料版や有料プラグインを販売しているわけではないので、慈善配布のようです。凄いですね。

装飾補助 あり
吹き出し あり
商品ランキング なし
CTA あり
上位版 なし

その10:Habakiri(ハバキリ)

Habakiriは、無料なのに3つのデザインから選べるテーマです。

日本語を想定して作られたテーマではありませんが、日本語に適したCSSを掲載しています。

ただし、2017年4月が最後のアップデートなので、使い続けれるようなテーマではないと思います。

装飾補助 なし
吹き出し なし
商品ランキング なし
CTA あり
上位版 なし

無料なのにはワケがある【慈善ではない】

労力をかけて開発したテーマを無料で配布しているのにはワケがあります。

Cocoonや4536のように慈善的なものもありますが、基本的には上位版やその他の有料テーマを購入してもらための布石です。

だからこそ、更新がストップしている無料テーマが多くあるのです。

WordPressの仕様やWebサイトにおけるGoogleのガイドラインは変化していくものなので、更新が止まっているという事は、長く使い続けるには致命的な欠陥です。

また、ブログ運営を続けていく過程で「読者のためにもっと読みやすくしたい」「収益化するための導線を作りたい」などの要望が出てくると思います。

そんな時、結果的に「初めから有料テーマを使っていれば良かった」となる可能性が高いのです。

自分でカスタマイズできる方は別として、本気でブログを行う予定ならば、初めから有料テーマを利用した方が無駄な労力を使わずにすみます。

テーマを変更した後の修正作業はとても面倒です、、、。

有料テーマに関しては「【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】」で解説しています。

【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】

というわけで以上です。