SEOに強いWordPressテーマの選び方【有料テーマなら大差ないです】

「SEOに強いWordPressテーマを探している。どういった条件や基準で選べば良いのか知りたい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • SEOに強いWordPressテーマの選び方
  • 有料テーマであれば一部を除いて大差ない

この記事を書く私は、Web関連の仕事に携わって9年、アフィリエイト暦は5年です。

結論から言うと、国内の有料テーマであればどれも大差ありません。

ブログ用途であれば「【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】」で紹介しているテーマであればどれでもOKです。

そもそもSEOに強いテーマとは、内部対策が施されているテーマのことで、有料テーマであればどのテーマもきちんと施されています。

とは言っても、世の中にあるテーマの中には内部対策が十分でないテーマもあるので、見極めるための選び方を解説します。

SEOに強いWordPressテーマの選び方

SEOに強いWordPressテーマの選び方は次の通りです。具体的には内部対策になります。

SEOの内部対策

  • 対策1:コードを最適化して表示速度を早くしている
  • 対策2:見出しタグが正しく設定されている
  • 対策3:パンくずリストが設置されている
  • 対策4:ページナビゲーションが数字表記
  • 対策5:構造化データに対応している
  • 対策6:レスポンシブ対応(モバイルフレンドリー)

それぞれ解説します。

対策1:コードを最適化して表示速度を早くしている

ブログの表示速度は検索順位に直接的に影響を与えます。
個人的にはWordPressテーマを選ぶ上で最も重要な条件だと思います。

開発者側が行うこととしては、コードや要素を最適化したり、キャッシュ処理を実装したり様々です。

なお、表示速度が早ければ早いほど評価が高くなるのではなく、表示速度が遅いブログの評価を下げる指標です。

表示速度に関してはGoogleが提供する「Page Speed Insights」で検証することができます。

余談ですが、デザイン性や凝った動作を重視しているテーマは表示速度が遅い傾向にあります。

対策2:見出しタグが正しく設定されている

見出しタグとは、ページの文章構造を検索エンジンと読者に伝えるコードのことです。

ブログタイトルや記事タイトルは「h1」、サイドバーは「h4」、文章内で使う際は入れ子にするなど、見出しタグにはルールがあります。

このルールに則ることで、検索エンジンがページ内容を正しく理解することに役立つのです。

見出しタグが検索順位に大きな影響を与えるわけではありませんが、ユーザービリティやアクセシビリティが高まるのでとても重要です。

対策3:パンくずリストが設置されている

パンくずリストとは、ページ上部にあるページ階層を伝える内部リンクです。

パンくずリストがあることで、検索エンジンのクローラーが効率的にブログ全体を回遊することができます。

テーマによっては、パンくずリストは設置されているものの、ユーザーが視認できないように設定しているテーマもありますが、ユーザーにとっても利便性の高いものになります。

対策4:ページナビゲーションが数字表記

ページナビゲーションとは、ページ下部にある過去の記事を表示させる内部リンクです。

ページナビゲーションは「1,2,3….」と数字で表示しているパターンと、「文字+矢印」で表示しているパターンがあります。

数字で表示しているパターンの方が、クローラーの回遊率が高くなるとされています。

対策5:構造化データに対応している

構造化データとは、検索エンジンにコンテンツ内容を正確に伝えるためのコードです。

このコードを利用することで、検索結果画面に目を引くような表示をさせることができます。

例えば、商品価格やお店の所在地、レビューなどです。

最近では、コンテンツ内容を取得する精度が上がっているので、検索結果で比べると構造化データに対応しているテーマの方がクリックされやすいです。

対策6:レスポンシブ対応(モバイルフレンドリー)

レスポンシブデザインとは、デバイス機器の画面サイズに応じて表示デザインを変える手法です。

レスポンシブデザインだからと言ってSEOに有利になることはありませんが、Googleではモバイルフレンドリーの観点からレスポンシブデザインを推奨しています。

そのため、少なくともSEOで不利になることはありません。

パソコンやタブレットよりも圧倒的にスマホからの流入が多いので、スマホでも見やすいブログであればそれだけ読了率や滞在時間が伸びるので結果的にSEOに繋がります。

有料テーマであれば一部を除いて大差ない

繰り返しになりますが、有料テーマであれば正直どれも大きな差はありません。

SEOに強いテーマの条件はあれど、有料テーマであればたいてい基準を遵守して作られています。

テーマを変更したからといって検索順位が変わることはないので、基本的には好みのテーマで問題ありません。

ただし、デザインプラス社のテーマは表示速度が遅すぎるので、SEOに悪影響があるのではと個人的に思っています。

実際にいくつかのテーマデモを触ってみて欲しいのですが、動作が遅過ぎてストレスを感じると思います。

というわけで以上です。