【企業向け】WordPressのコーポレートテーマ9選【外注も視野に】

「企業サイト(コーポレートサイト)に適したWordPressテーマを教えて欲しい。事業内容やリクルート情報などを掲載する予定ですが、どのテーマを選べばいいのか、、、。おすすめを知りたい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 企業サイト向けWordPressテーマ9選
  • 納得のいくテーマがなければ外注も視野に!

この記事を書く私は、Web関連の仕事にたずさわって9年、アフィリエイト暦は5年ほど。
企業サイト用途の国内テーマと海外テーマを一通り探しまくった経験があります。

結論から言うと、企業サイトのおすすめテーマは次の3つです。

  • おすすめ1:NANO(販売元:デザインプラス社)
  • おすすめ2:FAKE(販売元:デザインプラス社)
  • おすすめ3:Emanon Business(販売元:イノ・コード社)

これらは比較的使いやすいテーマだと思います。

しかし、一言におすすめと言っても、どのような事業を紹介したいのか、サイトからサービスを販売できるようにするのか、コンテンツメディア型にするのかなど、、、目的によってテーマ選びは変わってきます。

そこでこの記事では、国内テーマを中心に9つの企業向けテーマをピックアップして紹介するので、テーマ選びの参考にしてみてください。

企業サイト向けWordPressテーマ9選

企業サイト向けテーマは次の通りです。

企業サイト向けテーマ

  • おすすめ1:NANO(ナノ)
  • おすすめ2:FAKE(フェイク)
  • おすすめ3:Emanon Business(エマノン)
  • その4:Abada(アバダ)
  • その5:Enfold(エンフォールド)
  • その6:Clarity(クラリティ)
  • その7:Xeory Extension(セオリー)
  • その8:MAJESTIC(マジェスティック)
  • その9:LIQUID PRESS CORPORATE(リキッドプレス)

根本的なことですが、国内テーマに絞った場合、企業サイト向けのテーマは、ブログ向けテーマと比べてかなり少数です。

そのため、本来であれば海外テーマの利用はおすすめしていませんが、有名海外テーマも2つピックアップしています。

それでは、それぞれのテーマに関して解説します。

おすすめ1:NANO

おすすめ度
(4.5)

価格 34,800円・販売元 デザインプラス社

NANOは、企業サイトとして伝えたい必要な情報(事業紹介・会社案内・リクルートなど)を、伝えやすいよう最適化されたテーマです。

いわゆる企業サイトの王道デザインでなので、企業サイトに打ってつけのテーマです。
デザインにクセがなく色合いもシンプルなので、どの事業ジャンルにも合うかと思います。

NANOを使ったサイト事例


Fairtrade Cotton Initiative:カスタマイズする事なくマニュアル通りに作られたサイトです。

和とわ:カスタマイズして「企業+着物販売」サイトとして運営されています。

ナオ

企業サイトとしてここまで最適化されている国内テーマはおそらくNANOだけだと思います。オリジナル性は出せませんが、企業サイトとしての役割を十分に発揮してくれます。

おすすめ2:FAKE

おすすめ度
(4.5)

価格 22,800円・販売元 デザインプラス社

FAKEは、NANOと同様、企業サイトに最適化されたテーマです。

取り扱い製品や事業実績を紹介しやすい実装がされているので、BtoBメーカーや不動産デベロッパーに合いそうなデザインだと思います。

前述しているNANOとは異なり、トップページに動画を入れ込むことができるので、インパクトのある仕上がりになります。

FAKEを使ったサイト事例


SUITS NET:このテーマを使用した、お手本のような参考サイトです。

マインド・コア:こちらのサイトも参考になります。

ナオ

企業サイトとしての構造はNANOと似ているので、どちらを選ぶかは好みになると思います。

おすすめ3:Emanon Premium

おすすめ度
(4.0)

価格 27,800円・販売元 株式会社イノ・コード

Emanon Premiumは、「企業サイト+サービス販売」に適したテーマです。

どちらかと言うと、事業紹介ではなくサービス販売をメインに訴求することができるので、BtoC企業なら使い勝手がとても良いと思います。

デザイン自体も流行りのトレンドを取り入れ、シンプルな配色なので、今っぽくておしゃれです。

ナオ

堅苦しくない、柔らかさのあるテーマを探している方ならドンピシャだと思います。

その4:Avada(海外テーマ)

おすすめ度
(3.0)

価格 60ドル(約7,200円)・販売元 ThemeFusion

Avadaは、最も売れている海外テーマです。(おそらく)
販売数が60万超えなのも凄いですが、何よりも購入者のレビューがすこぶる良好です。

海外テーマ特有のカスタマイズ性の高さと豊富なデザインテンプレートが魅力です。

デザインテンプレートの「Avada Low」であれば企業サイト、「Avada A」であれば個人事業に適したサイトが作れます。

ナオ

Web制作会社が、このテンプレートをベースにサイト制作をするぐらい人気のテーマです。

その5:Enfold(海外テーマ)

おすすめ度
(3.0)

価格 59ドル(約7,080円)・販売元 Kriesi

Enfoldは、企業サイト特化の海外テーマです。

事業用途別のデザインテンプレートが全部で20個あるので、自社事業に適したデザインを選ぶことができます。

シンプルな王道系企業サイトを作るならデフォルトのテンプレートがおすすめです。

ナオ

国内テーマにはないおしゃれなデザインが特徴ですが、説明書きが少ないのでカスタマイズに苦労します。

その6:Clarity

おすすめ度
(2.0)

価格 8,999円・販売元 株式会社デジステイト

Clarityは、動きのあるアニメーションが特徴的なテーマです。

デザイン性の高いテーマですが、デザインを重視し過ぎていて、表示速度が遅く、文字サイズや色味がとても見辛いです。

辛口な意見になってしまいますが、デザインを何より重視したい方以外は、あまりおすすめできません。

ナオ

デジステイト社のテーマはどれもデザイン重視です。最近では利用しているサイトをほとんど見かけなくなりました。

その7:Xeory Extension

おすすめ度
(2.0)

価格 無料・販売元 株式会社ルーシー

Xeory Extensionは、「企業サイト+情報発信」に適したテーマです。

フロントページこそ企業サイトのように作れますが、どちらかと言うと、ブログテーマ寄りな感じです。

付け加えると、無料で配布しているがゆえに、カスタマイズありきのテーマです。
他のテーマにあるような事業紹介やリクルートに合うページ構造は自分で作る必要があります。

ナオ

開発元へのカスタマイズ依頼を前提としたテーマだと思います。

その8:MAJESTIC

おすすめ度
(2.0)

価格 19,800円・販売元 isotype

MAJESTICは、デザイン性の高い万能テーマです。

デジステイト社テーマのデメリットと同様に、デザインを重視し過ぎているので、読者視点がやや欠けている印象を持ちます。

ナオ

全体的に文字フォントが小さく、色味が薄いので、目が疲れるデザインだと思いました。

その9:LIQUID PRESS CORPORATE

おすすめ度
(2.0)

価格 9,900円・販売元 リキッドデザイン株式会社

LIQUID PRESS CORPORATEは、Xeory Extensionのようにブログ寄りのテーマです。

フロントページの上部は企業サイト、下部はブログっぽい感じです。

ナオ

他テーマと比べて、これといって特徴のあるテーマではないかと思います。

納得のいくテーマがなければ外注も視野に!

もし納得のいくテーマがなければ、外注も視野に入れましょう。

どうしても企業向けテーマはブログ向けと比べて需要が少ないので、国内テーマ海外テーマ共に開発数が圧倒的に少ないです。

特に「企業サイト+コンテンツマーケティング+商品販売」を行うのであれば、現時点で販売しているテーマより、外注して要望通りに作ってしまった方が良い場合があります。

補足:Web制作会社を選ぶ基準

補足として、Web制作会社を選ぶ基準は、制作のみを請けおっている会社ではなく、自社メディア事業を行なっている会社かどうかが超重要です。

制作のみを行う会社は数多くありますが、自社メディアを運営している制作会社はめちゃくちゃ少ないです。

理由は、制作よりメディア運営の方が儲かるので、わざわざ制作まで請け負う必要はないからだと思っています。

ナオ

個人的に最強だと思うWeb制作会社は株式会社Web企画さんです。複数のアフィリエイトサイトを運営しているので、ノウハウが半端ないはずです。

というわけで以上です。

関連記事【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】