WordPressでサイトマップを作成する方法【おすすめプラグインも紹介】

「WordPressをインストールしたので、サイトマップの作成方法を知りたい。」
「サイトマップを作成するための、おすすめのプラグインを知りたい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • サイトマップには2つの種類がある
  • XMLサイトマップの作成方法は2択
  • Google XML Sitemapsの設定方法

サイトマップとは、サイト内のページ構成を検索エンジンやユーザーに伝えるファイル(プログラム)のことです。

サイトマップを作成することで、インデックスまでの時間を短縮したり、クローラーの回遊率にも良い影響があるので、忘れてはいけない初期設定の一つになります。

この記事では、まずサイトマップの種類を解説し、その後に適切な作成方法を解説します。

サイトマップには2つの種類がある

サイトマップには、大きく分けて2つの種類があります。

サイトマップの種類

  • HTMLサイトマップ:「ユーザーに対して」ページ構成を伝える
  • XMLサイトマップ:「検索エンジンに対して」ページ構成を伝える

この2つは似てるようで全く別物のサイトマップです。
詳しく深掘りすると違いは以下の通りです。

HTMLサイトマップとは

HTMLサイトマップとは、「ユーザーに対して」サイト内にある記事を見つけやすくするためのファイルのことです。

サイト内にある記事が、一覧表示されているページと理解してもいいかと思います。


イメージとしてはこんな感じのページです。

このHTMLサイトマップは、XMLサイトマップと比べると必要性は薄いです。

私自身ユーザビリティを高めるために、HTMLサイトマップを作成したことがありますが、ユーザーからのアクセスは乏しかったです。

余程そのサイトのファンでない限り、記事一覧ページまで見たいとは思わないですよね。

実際、数年前だとブログやアフィリエイトのフッターにサイトマップのリンクがよくありましたが、今では見かけることが少なくなりました。

そのため、HTMLサイトマップをわざわざ作成する必要はありません。

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップとは、サイト内のページ構成を「検索エンジンに対して」伝えるファイルのことです。

インデックスまでの時間を短縮したり、クローラーの回遊を効率的に行ってもらう役割があります。


イメージとしてはこんな感じのリンクツリーファイルです。

このリンクツリーがあることで、クローラーがサイト内を見落としなく回遊することができるのです。

なお、忘れてはいけない初期設定なのは、こちらのXMLサイトマップの方です。

XMLサイトマップの作成方法は2択

XMLサイトマップを作成するにはプラグインを利用するか、プログラムを自作するかの2択です。

おそらく今後、WordPressにサイトマップが標準搭載されることになりますが、現段階ではまだ搭載されていないので、、、プラグインを利用することが一般的です。

定番のサイトマップ作成プラグインは次の通りです。

定番プラグイン

  • Google XML Sitemaps
  • PS Auto Sitemap
  • Yoast SEO
  • All in One SEO Pack

「Yoast SEO」と「All in One SEO Pack」は、SEOに関するあらゆる設定を行うプラグインですが、サイトマップを生成する機能も備わっています。

この4つの中でおすすめするとしたら、個人的には「Google XML Sitemaps」です。

今まで「All in One SEO Pack」→「Yoast SEO」→「Google XML Sitemaps」の順に使ってきましたが、今ではGoogle XML SitemapsでXMLサイトマップを作成しています。

ただし、利用するWordPressテーマに合ったプラグインを利用することが大前提です。

理由としては、テーマによってはSEOプラグインと同じ機能が実装されていたりするので、、、重複した機能がWordPressの動作に悪影響を与える可能性があるからです。

有料テーマであればヘルプページにサイトマップに関する内容や相性の悪いプラグインなどが紹介していることが多いのでチェックしておきましょう。

Google XML Sitemapsの設定方法

Google XML SitemapsでXMLサイトマップを作成し、適切な設定方法は以下の通りです。

STEP.1
Google XML Sitemapsをインストールして有効にします。

STEP.2
設定からXML-Sitemapをクリックします。

STEP.3
基本的な設定
丸で囲った項目にチェックマークを入れてください。

STEP.4
Additional Pages
設定する必要はありません。

STEP.5
投稿の優先順位
「優先順位を自動的に計算しない」にチェックマークを入れます。

STEP.6
Sitemap コンテンツ
丸で囲った項目にチェックマークを入れてください。

STEP.7
Excluded Items
設定する必要はありません。

STEP.8
Change Frequencies
スクショ画像通りに設定すれば問題ありません。

STEP.9
優先順位の設定
固定ページとカテゴリーページはブログ戦略次第で数値を上げたり減らしたりする事が理想ですが、基本的にはこの設定で問題ありません。

STEP.10
最後に「設定を更新」をクリックします。

STEP.11
ページ上部に作成したXMLサイトマップのURLが表示されているのを確認してください。

STEP.12
つづいて、サーチコンソールにサイトマップを追加します。

STEP.13
「サイトマップ」をクリックします。

STEP.14
XMLサイトマップのURLを入力して「送信」をクリックします。

STEP.15
サイトマップが正しく登録されるとステータスに「成功しました」と表示されます。

これでXMLサイトマップ関連の設定は完了です。

サーチコンソールに関しては、サイトマップを登録するまでにプロパティや所有権の確認作業があります。

詳しくは「サーチコンソールの設定方法(執筆中です。)」で解説しています。

というわけで以上です。