WordPressブログの最適なパーマリンク設定【一度決めたら変えない】

この記事では、WordPressにおけるパーマリンクの最適な設定方法を解説します。また、パーマリンクの予備知識に関しても合わせて解説します。

パーマリンクは「一度決めたら途中で変えない」ことが鉄則なので、ブログを書き始める前に設定すべき項目です。

また、SEOやSNS戦略にも関わることなので、軽視してはいけない設定でもあります。

まずパーマリンクの予備知識に関して解説し、順序立ててパーマリンクの最適な設定方法を解説します。

そもそもパーマリンクとは何か

パーマリンクとは、「定義したURL構造を元に生成されたURL」のことです。

正直分かりずらい表現だと思いますが、この言葉のまま覚えておく方が、色々なWeb知識を身につけていく中で、情報の整理に繋がります。

そして、パーマリンク設定とは、「WebサイトにおけるURL構造のルールを定義すること」です。

ルールを定義するというのは、ドメイン(https://naoweb.jp/)の後に続くURLをどんなロジックで決めるか、ということです。


例えば、パーマリンクの設定画面にある上から3番目の「月と投稿名」とは、記事を投稿する度に「月・日付・投稿名」のルールで記事ごとのURLを決めるということです。

こんな感じで自分でルールを定義して、記事ごとのURLを決めていくことになります。

カスタム構造とは

カスタム構造とは、URL構造を自分で好きなようにカスタマイズする設定のことです。

カスタマイズするにはタグと呼ばれるものを利用するのですが、それぞれに意味があります。

タグ 内容
%year% 投稿した年を取得する
%monthnum% 投稿した月を取得する
%day% 投稿した日付を取得する
%hour% 投稿した時間を取得する
%minute% 投稿した分を取得する
%second% 投稿した秒数を取得する
%post_id% 投稿した記事IDを取得する
%postname% 投稿名を取得する
%category% 記事のカテゴリーを取得する
%author% 投稿した執筆者を取得する

例えば、執筆者の後に記事IDを付与するURLにするなら「%author%」と「%post_id%」を使います。

他には、カテゴリーの後に投稿名を付与するURLにするなら「%category%」と「%postname%」を使います。

ちなみに、パーマリンク設定では、このタグがすでにカスタマイズされた状態でいくつか選択できるようになっています。

例えば、上から二番目の「日付と投稿名」は、「%year%」「%monthnum%」「%day%」「%postname%」の4つのタグが反映されている設定になります。

デフォルト設定に潜む2つの欠点

WordPressをインストールした直後では、デフォルトの設定は「基本」になっています。

しかし、このデフォルト設定には2つの欠点があります。

2つの欠点

  • 欠点1:Googleのガイドラインに適さない
  • 欠点2:戦略の足を引っ張る可能性がある

それぞれ解説します。

欠点1:Googleのガイドラインに適さない

GoogleのガイドラインにはURLに関する以下の提言があります。

サイトのURL構造はできる限りシンプルにします。

論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合はIDではなく意味のある単語を使用して)URLを構成できるよう、コンテンツを分類します。

参照:一般的なガイドライン

つまり、「シンプルで意味のある言葉を使用する」ことがベストなパーマリンクとなります。

この前提で考えると、基本設定であるhttps://naoweb.jp/?p=123はガイドラインに沿っていません。

他にも、数字ベースhttps://naoweb.jp/archives/123は意味のない単語ですし、日付と投稿名https://naoweb.jp/2020/06/26/sample-postはシンプルではないことが分かります。

欠点2:戦略の足を引っ張る可能性がある

ブログ運営は記事を書くだけではなく「SNSからのアクセスを増やす」「発信した情報をシェアしてもうう」「記事を他ブロガー紹介してもらう」なども重要な戦略です。

このような戦略において、以下のURLならどちらがクリックされやすいでしょうか。
または、どちらが紹介してもらいやすいでしょうか。

  • A:https://naoweb.jp/?p=123
  • B:https://naoweb.jp/wordpress-permalink

答えは間違いなく「B」だと思います。

こう言った理由でデフォルトの設定には欠点があるのです。

パーマリンクのベストな設定は2つ

パーマリンクのベストな設定は次の2つです。

ドメイン/カテゴリー名/投稿名
例:https://naoweb.jp/wordpress/wordpress-permalink

ドメイン/投稿名
例:https://naoweb.jp/wordpress-permalink

数年前までは前者のカテゴリーを含めたパーマリンクが主流でしたが、今では後者の投稿名だけのパーマリンクで運営しているブログが多くなりました。

理由としてはいくつもありますが、度重なるアルゴリズムの変更によって、SNSや被リンクの獲得が今一層重視されるようになり、シンプルなURLの方が何かと都合がいいからです。

私自身も、サイト運営を初めたての頃は前者のタイプに設定していましたが、今では全てのサイトを後者のパーマリンクにしています。

STEP.1
後者の設定方法に関しては、まず投稿名にチェックマークを入れます。

STEP.2
変更を保存します。

STEP.3
記事投稿ごとにURLを決めればOKです。

大型サイトのパーマリンク設定

前述した設定はあくまでも個人ブログやアフィリエイトサイトを前提としています。

記事数が数千〜数万を超えるような、キーワードの重複を気にしないニュースメディアやキュレーションメディアだとパーマリンクの事情は異なります。

こういった大型サイトだと、そもそも一つひとつの記事に適したURLを設定することが不可能なので、基本的には「投稿名」以外のルールを定義する必要があります。

実際に、普段見ているニュースメディアがあればURLを確認して欲しいのですが、大半が年や記事IDを組み合わせたパーマリンクになってると思います。

パーマリンクを変更したくなったら

もしパーマリンクを変更したくなったら、SEOの評価を引き継ぐために、記事ごとにリダイレクト設定をする必要があります。

例えば、カテゴリー/投稿名から投稿名のみにパーマリンクを変更すると、以下の構文を.htaccessに書き加える必要があります。

RewriteRule ^wordpress/wordpress-permalink/ https://naoweb.jp/wordpress-permalink/ [R=301,L]

これで1記事分です。
この構文を投稿している記事数分やる必要があります。

SEOの評価を全て捨てても良いのなら、これらの構文は必要ないのですが、せっかく頑張って運営してきた評価を捨てるのは勿体無いですよね。

私自身もサイトリニューアルに伴って、パーマリンクを変更したことがありますが、かなり面倒でした。

私の場合300記事規模だったのでまだ良かったものの、1000記事を超えるようなサイトだと諦めていたかもしれません。

冒頭文でも伝えた通り、パーマリンクは「一度決めたら途中で変えない」ことが鉄則なので、できる限り変更しないようにしましょう。

というわけで以上です。