【簡単】WordPressでGoogleアナリティクスを設定する方法と使い方

「WordPressを立ち上げたので、アナリティクス(Google Analytics)の設定方法を知りたい。ついでに、使い方も合わせて知りたい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • アナリティクスの設定方法【3つの手順】
  • アナリティクスの使い方【4つの分類】

アナリティクスとは、Googleが提供するWebサイトのトラフィックを解析する無料ツールです。

直帰率や滞在時間、ユーザーの属性など、ブログ運営を戦略的に行っていく上で必要な情報を把握することができるので、サーチコンソールと共に導入すべき必須のツールとなります。

そこで、この記事では、アナリティクスの登録方法と使い方を解説します。

アナリティクスの設定方法【3つの手順】

アナリティクスに関わる設定を3つの手順に分けて解説します。

3つの手順

  • 手順1:アナリティクスを登録する
  • 手順2:トラッキングIDを設定する
  • 手順3:自分からのアクセスを除外

手順1:アナリティクスを登録する

まずはアナリティクスを登録することから始めます。

STEP.1
アナリティクスを利用するにはグーグルアカウントを持っている必要があります。
アカウントを持っている方は手順に従ってログインして、「無料で設定」をクリックします。

STEP.2
アカウントの作成画面になるので、まずはアカウント名を決めます。
あとで変更できるので何でもOKです。

STEP.3
共有設定はデフォルト通り全てにチェックマークを入れたままでOKですが、、、。
私は一番上の「Googleのプロダクトやサービス」のみにチェックマークを入れています。

STEP.4
測定の対象を選びます。ブログやアフィリエイトサイトなら「ウェブ」を選びます。

STEP.5
プロパティの詳細を入力します。
【ウェブサイトの名前】なんでもOKです。
【ウェブサイトのURL】SSL化が完了していれば「https://」に設定することを忘れないように。
【業種】ブログジャンルを選択します。
【タイムゾーン】日本でOKです。

STEP.6
アカウントとプロパティの作成が完了したら、もう一つ設定する箇所があるので左端にある歯車マークの「管理」をクリックします。

STEP.6
管理画面はこんな感じです。

STEP.6
「ビューの設定」をクリックします。

STEP.6
プロパティで設定した内容と同じように、「ウェブサイトのURL」と「タイムゾーン」を変更します。

これでアナリティクスの設定自体は完了です。

手順2:トラッキングIDを設定する

つづいて、ブログのトラフィックをアナリティクスに反映させる設定を行います。

具体的には、トラッキングコードと呼ばれるコードを使います。

STEP.1
管理画面にあるトラッキング情報の「トラッキングコード」をクリックします。

STEP.2
UAから始まるコードがトラッキングID、その下にあるコードがトラッキングコードです。
WordPressテーマによってトラッキングIDを使う場合と、トラッキングコードを使う場合の2パターンあります。

STEP.3
トラッキングIDの場合
トラッキングIDを使う場合だと、テーマ内の設定画面にこんな感じでIDを入力する箇所があります。ここに先ほどのIDを貼り付けて保存すれば完了です。

STEP.4
トラッキングコードの場合
トラッキングコードを使う場合だと、テーマエディターにある「header.php」に次のようにコードを貼り付けます。場所は「/head」の直前です。

最近のテーマでは大抵トラッキングIDを入力する箇所が実装されています。

親テーマのアップデート時にコードが更新されることがあるので、トラッキングコードではなくトラッキングIDを使うようにしましょう。

手順3:自分からのアクセスを除外

手順3は必須の設定ではありませんが、自分のアクセスを除外しておくと正確なアクセス数を把握することができます。

ブログ運営をしていると頻繁に自分でアクセスすることになるので、設定しておくことをおすすめします。

STEP.1
IPアドレスを確認することができるWebサイト(CMAN)にアクセスして、IPアドレスを確認しておきます。

STEP.1
IPアドレスを確認したあと、管理画面にある「フィルタ」をクリックします。

STEP.2
「フィルタを追加」をクリックします。

STEP.3
画像の通り設定すれば問題ありません。
【フィルタ名】何でもOKです。分かりやすい名称で。
【フィルタの種類】定義済みのままで画像の通り設定してください。
【IPアドレス】先ほど調べたIPアドレスを入力します。
「保存」を押して完了です。

STEP.4
先ほど登録したフィルタが追加されています。

これでアナリティクスに関する一通りの設定が完了です。

2つ目、3つ目のブログを作る時には、管理画面にある「プロパティを作成」から手順通りに行えばOKです。

アナリティクスの使い方【4つの分類】

アナリティクスでよく利用する項目を4つに分類して解説します。

使い方

  • その1:リアルタイム
  • その2:ユーザー
  • その3:集客
  • その4:行動

アナリティクスのトラフィック解析はとても多機能です。

あらゆる情報を把握することができますので、多機能過ぎてどういった使い方をすれば分からない方は、まずこの4つ項目を中心にブログ解析を行ってみてください。

その1:リアルタイム(概要)

リアルタイムでは、現在何人のユーザーがブログを訪れているのかが分かります。

記事がバズるとアクティブユーザーが瞬間的に激増するので、サーバーがダウンしないように確認すべき項目です。

地域

地域では、アクティブユーザーの内、どこの国・エリアからユーザーがアクセスしているのかが分かります。

例えば、広告を出稿する場合、狙ったターゲットにきちんとリーチされているのか、どのエリアからのアクセスが多いのかなど、コンバージョンを高める情報を得ることができます。

その2:ユーザー(概要)

ユーザーでは、ブログのアクセス状況を細かく分析することが出来ます。

期間を絞ることができるので、どの時期にアクセスが多いのか、順調にアクセスが伸びているか、などの情報を得ることができます。

行動(新規顧客とリピーター)

行動(新規顧客とリピーター)では、新規ユーザーとリピートユーザーのトラフィック差を把握できます。

リピーターユーザーサイトの数値を徐々に改善するような施策を行うと、検索順位に頼らず集客することが出来ます。

モバイル(概要)

モバイル(概要)では、ユーザーのデバイス(パソコン・タブレット・スマホ)の割合が分かります。

ユーザーの数が多ければ多いほど直帰率は高くなり、セッション時間は低くなるものですが、スマホサイドの値が悪かったりしたら、ユーザビリティーを高めるためにスマホでも見やすいような記事構成や装飾を取り入れると改善する可能性があります。

モバイル(デバイス)

モバイル(デバイス)では、ユーザーが何のスマホを利用しているのかが分かります。

日本だとたいてい「Apple iPhone」が最も多いです。そのため、iPhoneで売れ筋の画面サイズに合わせてカスタマイズの調整をすると良いと思います。

その3:集客(概要)

集客(概要)では、ユーザーの流入元が分かります。

基本的にはキーワードから検索されて流入する「Organic Search」が多いのですが、TwitterやInstagramなどの「Social」からの流入も増やしていく施策が大切です。

その4:行動(概要)

行動(概要)では、ページ単位でのPVや滞在時間、直帰率などが分かります。

滞在時間が短く直帰率が高いと、キーワードに対してユーザーの求める回答がなされていない可能性があります。
特に冒頭文を改善するとこれらの値は改善しやすいです。


使い方としてはこんな感じです。

この他にも色々な機能がありますが、使い方はWebサイトの用途や規模によって使い分ける必要があります。

これからブログを始める方であれば、月1で全体の推移を把握する程度でOKだと思います。

とういわけで以上です。