【超入門】wordpressとは何か?メリットとデメリットも合わせて解説

「ブログを始めるのにWordPressが良いって聞くけど、そもそもWordPressって何だろう。利用する上でのメリットやデメリットも合わせて知りたい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • そもそもWordPressとは何か
  • WordPressのメリットとデメリット
  • WordPressで作られたサイト事例
  • WordPressに関するよくある質問

この記事を書く私は、Web関連に携わって9年、当サイト(ナオウェブ)をWordPressで運営しています。

WordPressは、これからブログを始める方にとっての必須ツールです。

初心者の方向けに、メリットやデメリット、よくある質問など、ブログを始める前の事前知識として、分かりやすく解説します。

そもそもWordPressとは何か

WordPressとは、「世界中で利用されている無料のソフトウェア」のことです。
CMS(コンテンツ管理システム)とも言ったりします。

一般的に、ブログを始めとしたWebサイトを制作するには、HTML(文書構造に関する言語)やCSS(レイアウトやデザインに関する言語)などの専門知識が必要です。


Htmlとはこんな言語です。CSSも似たような感じです。

こういった無数に並ぶコードを扱うとなると、普通に拒否感を感じてしまう人は多いと思います。

さらに付け加えると、これらのHTMLファイルやCSSファイルなどを、レンタルサーバーにアップロードする必要もあります。


つまり、こんな感じのファイル群を扱うことになります。

しかし、WordPressであれば、これらの知識やファイルをアップロードするような面倒ごとがなくとも、Webサイトを作ることができるのです。

そのため、誰でも簡単に扱えることから、世界中にあるWebサイトのおよそ36%がこのWordPressで作られています。

ナオ

WordPress以外にも、似たようなソフトウェアはたくさんありますが、国内だと市場シェアは8割超えなんですよ。凄まじいシェアですよね。

「WordPress.com」と「WordPress.org」とは

ネットでWordPressについて調べると、WordPress.comWordPress.orgの2サイトがあることが分かります。

混乱してしまうかもしれませんが、基本的にどちらのサイトも私たちが利用することはありません。

それぞれの違いとしては次の通りです。


Wordpress.com:ブログサービスを提供するサイト。

WordPress.comは、アメブロやライブドアブログのように、無料でブログを作ることができるサービスです。

有料プランも用意されていて、独自ドメインでブログを運用できますが、コスパが悪いので利用する方はほとんどいないと思います。


Wordpress.org:WordPressをダウンロードできるサイト。

WordPress.orgは、WordPress本体のソフトウェアやテーマ(WordPressにデザインを付け加えるプログラム)、プラグイン(WordPressに機能を付け加えるプラグラム)などをダウンロードできるサイトです。

ナオ

WordPressのインストールは、契約しているサーバーから行うことが一般的です。むしろサーバーから行った方が手間がかかりません。

私が契約しているエックスサーバーだとこんな感じで、「WordPress簡単インストール」の項目があります。

エックスサーバー以外のサーバー会社だとしても、たいていWordPressの簡単インストールが出来るようサービスが提供されています。

WordPressのメリットとデメリット

つづいて、WordPressのメリットとデメリットを解説します。

WordPressのメリット

WordPressのメリットは次の通りです。

WordPressのメリット

  • その1:無料である
  • その2:専門知識が必要ない
  • その3:テーマが豊富
  • その4:プラグインが優秀

その1:無料である

数あるサイト作成ツールの中で、WordPressが無料であることは大きなメリットです。

国内のサイト作成ツールだと「SIRIUS(シリウス)」や「権威」が有名でしたが、どちらも24,800円とそれなりに高額です。

その2:専門知識が必要ない

前述したようにHTMLやCSS(マークアップ言語)を知らなくても、自分でロゴを設定したり、記事を追加することができます。


WordPressの管理画面はこんな感じです。

そして、記事はこのように執筆します。

管理画面の項目を見て分かる通り、説明書がなくても使えるようにシンプルに設計されています。

その3:テーマが豊富

テーマとは、WordPressをおしゃれに着せ替えする、デザインのテンプレートのことです。

ブログ用・ECサイト用・企業サイト用など、サイトを作成する目的にあった種類が豊富にあります。


例えば、こんな感じのテーマが無料で使えます。

他にも、こんな感じのテーマもあります。

テーマには無料のものと有料のものがありますが、有料のものを使うことをおすすめします。

詳しくは「【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】」で解説しています。

【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】

その4:プラグインが優秀

WordPressには「プラグイン」という機能を付け加えるプログラムがあります。

例えば、次のような機能を持つプラグインがあります。

  • お問い合わせフォームを作れるもの
  • バックアップを自動で取ってくれるもの
  • ショッピングカートを設置できるもの
  • 予約カレンダーを設置できるもの

上記はあくまでも一部です。
山ほどプラグインはあります。しかも、基本的に無料で使えるものばかりです。

詳しくは「WordPressで導入すべきおすすめプラグイン3+11選【これだけでOK】」で解説しています。

【断言】WordPressのおすすめプラグイン4+9選【入れ過ぎ注意】

ナオ

これらのメリットが、多くのユーザーに選ばれる理由です。「無料で使えるのに、こんな機能までっっっ」って感じです笑

WordPressのデメリット

WordPressのデメリットに関しては、しいて言えば程度です。

WordPressのデメリット

  • その1:セキュリティに不安がある

ネット上には、「静的サイトに比べて表示速度が遅い」や「サポートがない」ことなどがデメリットとして挙げられていますが、デメリットと言える程ではないと思います。

その1:セキュリティに不安がある

WordPressは、オープンソースと言って世界中にプログラムが開示されているので、第三者に悪用される可能性があります。

具体的には、改ざんや乗っ取りといったサイバー攻撃を受ける可能性があるという事です。そのため、セキュリティ対策はきちんと行っておく必要があります。

詳しくは「WordPressのセキュリティを強化する5つの対策【あなたのブログは万全?】」で解説しています。

WordPressのセキュリティを強化する5つの対策【あなたは万全?】

ナオ

ネット上には「WordPressをハッキングする方法」が解説付きで紹介されたりしているので、セキュリティ対策は超必須です。

WordPressで作られたサイト事例

実際にどんなサイトがWordPressで作られているのか、ジャンル別のサイト事例を紹介します。

企業サイトの事例

株式会社ZOZO

企業サイトらしく、シンプルで見やすく作られています。
WordPressはサイトの管理がしやすいので、企業サイトだとしても多くのサービスを紹介することに役立っていると思います。

株式会社カカクコム

企業サイトの王道レイアウトです。
ZOZO同様に、プレスリリースや投資家向けのIRニュースの管理にWordPressが役立っています。

学校サイトの事例

東京藝術大学

写真やイラストを多用しながら作られています。
画像挿入が手軽なことも、WordPressのメリットでもあります。

海城中学高等学校

他学校との違いや特徴を、デザインで表現しているお手本のようなサイトです。

ニュースサイトの事例

マイナビウーマン

女性的なデザインセンスが抜群です。
見やすさとオシャレが共存しているサイトです。

WIRED.JP

海外メディアによくある白背景のシンプルサイトです。

アフィリエイトサイトの事例

ドッグフードの神様

アフィリエイトの参考になるエッセンスがふんだんに入った、ドッグフードジャンルのサイトです。

ノマド的節約術

記事数が5,900件にも及ぶ大型サイトです。
WordPressなら1,000件を超えるような大型サイトでも、管理がしやすいことが特徴です。

ナオ

こんな感じで、どんなジャンルにも合う自由度の高さも、WordPressの魅力の一つだと思います。

WordPressに関するよくある質問

さいごに、これからブログを始めるにあたって、WordPressに関するよくある質問をまとめてみました。

WordPressに関するよくある質問

  • 質問1:WordPressではなく無料ブログではダメですか?
  • 質問2:WordPressを始めるためのコストはいくらですか?
  • 質問3:パソコンは持っていないのですが、スマホでも作れますか?
  • 質問4:WordPressを始める前に、関連書籍の本は読んでおくべき?

WordPressではなく無料ブログではダメですか?

収益化を目指すなら無料ブログではなく、独自ドメインで運営できるWordPressを選びましょう。
無料ブログは、商業利用に制限があったり、突然サービスが終了するリスクなどがあるので、おすすめしません。


WordPressを始めるためのコストはいくらですか?

ざっくり年間15,000円ぐらいです。
内訳は「ドメイン:年間1,200円・サーバー:年間13,000円」ですが、もっと安く抑えようとすれば全然抑えられます。


パソコンは持っていないのですが、スマホでも作れますか?

結論から言うと、スマホでも作れます。
ただし、記事執筆や文字装飾、画像挿入などはスマホだとめっちゃ大変なので、スマホでサイトを運営するのは現実的ではないと思います。


WordPressを始める前に、関連書籍の本は読んでおくべき?

WordPressの始め方や使い方に関しては、ネット上に山ほど情報があるので必要ないです。
ただし、WordPressを体系的に学びたいのであれば、読んでもいいと思います。


これからブログを始める方であれば、WordPress一択です。

WordPressでのブログ構築は簡単なので、サクッと作ってしまいましょう。

WordPressの始め方に関しては「WordPressブログの始め方を60枚の画像で解説【失敗しない作り方】」で詳しく解説しています。

WordPressブログの始め方を60枚の画像で解説【失敗しない作り方】

というわけで以上です。