【超入門】wordpressとは何か?メリットとデメリットも合わせて解説

「ブログを始めるのにWordPressが良いって聞くけど、そもそもWordPressって何だろう。利用する上でのメリットやデメリットも合わせて知りたい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • そもそもWordPressとは何か
  • WordPressのメリットとデメリット
  • WordPressで作られたWebサイト事例

この記事を書く私は、Web関連の仕事に携わって9年、当サイト(ナオウェブ)をWordPressで運営しています。

WordPressはこれからブログを始める方にとっては、必須とも言えるツールなので、分かりやすく解説します。

そもそもWordPressとは何か

WordPressとは、「世界中で利用されている無料のソフトウェア」のことです。
CMS(コンテンツ管理システム)とも言ったりします。

一般的に、ブログを始めとしたWebサイトを制作するには、HTML(文書構造に関する言語)やCSS(レイアウトやデザインに関する言語)などの専門知識が必要です。


Htmlとはこんな言語です。CSSも似たような感じです。

ITに苦手意識のない方でも、こういった言語を見れば普通に拒否感を感じてしまうかと思います。

しかも、これらのHTMLファイルやCSSファイルなどをレンタルサーバーにアップロードする必要もあります。


つまり、こんな感じのファイル群を扱うことになります。

しかし、WordPressであればこれらの知識やファイルをアップロードするような面倒ごとがなくともWebサイトを作ることができるのです。

そのため、誰でも簡単に扱えることから、世界中にあるWebサイトのおよそ36%がこのWordPressで作られています。

「WordPress.com」と「WordPress.org」とは

ネットでWordPressについて調べると、WordPress.comWordPress.orgの2サイトがあることが分かります。

これからブログを始める方であれば混乱してしまうかもしれませんが、基本的にどちらのサイトも私たちが利用することはありません。

それぞれの違いとしては次の通りです。


Wordpress.com:ブログサービスを提供するサイト。

WordPress.comは、アメブロやライブドアブログのように無料でブログを作ることができます。

有料プランも用意されていて、独自ドメインでブログを運用できますが、コスパが悪いので利用する方はほとんどいないと思います。


Wordpress.org:WordPressをダウンロードできるサイト。

WordPress.orgは、WordPress本体のソフトウェアやテーマ(WordPressにデザインを付け加えるプログラム)、プラグイン(WordPressに機能を付け加えるプラグラム)などをダウンロードできるサイトです。


今ではどのレンタルサーバーでもWordPressを簡単にインストールできるようになっているので、前述する2つのサイトを利用することはないです。


エックスサーバーだとこんな感じで、「WordPress簡単インストール」の項目があるので、ここからWordPressをインストールすることになります。

WordPressのメリットとデメリット

つづいて、WordPressのメリットとデメリットを解説します。

WordPressのメリット

WordPressのメリットは次の通りです。

メリット

  • その1:無料である
  • その2:専門知識が必要ない
  • その3:テーマが豊富
  • その4:プラグインが優秀

その1:無料である

数あるWebサイト作成ツールの中でWordPressが無料であることは大きなメリットです。

国内のサイト作成ツールだとSIRIUS(シリウス)や権威が有名でしたが、どちら24,800円とそれなりに高額です。

その2:専門知識が必要ない

前述したようにHTMLやCSS(マークアップ言語)を知らなくても、自分でロゴを設定したり、記事を追加することができます。


WordPressの管理画面はこんな感じです。

そして、記事はこのように執筆します。

管理画面の項目を見て分かる通り、説明書がなくても使えるようにシンプルに設計されています。

その3:テーマが豊富

テーマとは、WordPressをおしゃれにするデザインのテンプレートのことです。

ブログ用・ECサイト用・企業サイト用など、色んな用途にあった種類があります。


例えば、こんな感じのテーマが無料で使えます。

他にも、こんな感じのテーマもあります。

テーマには無料のものと有料のものがありますが、有料のものを使うことをおすすめします。

詳しくは「【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】」で解説しています。

【無料・有料】WordPressの国内人気テーマ9選【おすすめは3つ】

その4:プラグインが優秀

WordPressには「プラグイン」という機能を付け加えるプログラムがあります。

例えば、次のようなプラグインがあります。

  • お問い合わせフォームを作れるもの
  • バックアップを自動で取ってくれるもの
  • ショッピングカートを設置できるもの
  • 予約カレンダーを設置できるもの

上記はあくまでも配信されているプラグインの一部です。
山ほどプラグインはあります。しかも、基本的に無料で使えるものばかりです。

WordPressのデメリット

WordPressのデメリットに関しては、セキュリティ面の不安ぐらいだと思います。

ネット上には、「静的サイトに比べて表示速度が遅い」や「サポートがない」ことなどが挙げられていますが、デメリットと言える程ではないです。

デメリット

  • その1:セキュリティに不安がある

その1:セキュリティに不安がある

WordPressは、オープンソースと言って世界中にプログラムが開示されているので、第三者に悪用される可能性があります。

具体的には、改ざんや乗っ取りといったサイバー攻撃を受ける可能性があるという事です。

そのため、セキュリティ対策はきちんと行っておく必要があります。

関連記事レンタルサーバー契約後に設定すべき5つのセキュリティ対策【必須です】

ネット上には「WordPressをハッキングする方法」が解説付きで紹介されたりしています。

WordPressで作られたWebサイト

最後に、WordPressで作られたWebサイトを用途別に紹介します。

企業サイト

株式会社ZOZO

企業サイトらしくシンプルに見やすく作られています。

多くのサービスを展開する分、新着ニュースや採用情報の更新などにWordPressが役立っています。

株式会社カカクコム

企業サイトの王道レイアウトです。

学校サイト

東京藝術大学

文字だけでなく写真やイラストと共に作られています。
写真挿入が手軽なこともWordPressのメリットでもあります。

海城中学高等学校

他学校との違いをデザインで表現しているお手本のようなサイトです。

ニュースサイト

マイナビウーマン

女性的なデザインセンスが抜群です。
見やすさとオシャレが共存しているWebサイトです。

WIRED.JP

海外メディアによくある白背景のシンプルサイトです。

アフィリエイトサイト

ドッグフードの神様

アフィリエイトの参考になるエッセンスがふんだんに入ったドッグフードジャンルのサイトです。

ノマド的節約術

記事数が5900件にも及ぶ大型サイトです。


「えっ、このサイトもWordPressなの?」と思った方、、、そうなんです。WordPressって優秀なんです。

なお、WordPressの始め方に関しては「【図解】WordPressブログの始め方を60枚の画像で解説【5つの手順】」で解説しています。

【図解】WordPressブログの始め方を60枚の画像で解説【5つの手順】

というわけで以上です。