【簡単5分】WordPressのバージョンをダウングレードする3つの方法

「WordPressのバージョンをダウングレード(マイナーアップデート)する方法を知りたい。WordPressをバージョンアップしたら不具合が出てしまったので、元のバージョンに戻したい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • WordPressのバージョンをダウングレードする3つの方法
  • 不具合の根本原因を事前に断っておく【プラグインは最小限に】

WordPressのバージョンアップによる不具合はわりとよくある事です。
焦る必要はないです。

私自身も、絞り込み検索を実装していたサイトが、バージョンアップをしたことでデザインが崩れてしまったことがありました。

そんな時にはダウングレードして元に戻すことが原状回復の手取り早い方法なので、この記事では、状況別に合わせて3つの方法を解説します。

WordPressのバージョンをダウングレードする3つの方法

WordPressのバージョンをダウングレードには3つの方法があります。

ダウングレード3つの方法

  • 方法1:プラグインを使う
  • 方法2:サーバーから行う
  • 方法3:バックアップから復元する

なお、不具合の状況によってダウングレードする方法を使い分ける必要があります。

それぞれ解説します。

方法1:プラグインを使う

プラグインを使ったダウングレードが最も簡単な方法です。

ただし、利用するにはWordPressの管理画面にアクセスする必要があるので、「管理画面にアクセスできない」「画面が真っ白」といった状況だと利用することはできません。

ダウングレードする手順

WordPressをダウングレードするプラグインは色々ありますが、「WP Downgrade」と言うプラグインが定番です。

STEP.1
「WP Downgrade」をインストールして有効化します。

STEP.2
設定にWP Downgradeの項目が追加されているのでクリックします。もしくはプラグイン一覧から「Setting」をクリックします。

STEP.3
WP Downgradeの管理画面はこんな感じです。

STEP.4
ダウングレードするバージョンを忘れてしまった場合は「WP Releases」をクリックします。

STEP.5
WP Releasesでは、WordPressでリリースされたバージョンを確認できます。

STEP.6
戻すバージョンを決めたら「WordPress Target Version」にそのバージョンを入力して、「変更を保存」をクリックします。(ここでは5.5から5.4.2に戻します。)

STEP.7
入力したバージョンにダウングレードできるかどうかの表示がされます。Activeとなっていればダウングレードすることができます。(おそらく古すぎるバージョンには戻すことができないと思います。)

STEP.8
補足ですが「自己責任ですよ。ファイルとデータベースのバックアップがあることを確認してね。」と注意喚起があります。ダウングレードする前にバックアップは忘れずに取っておきましょう。

STEP.9
「Up-/Downgrade Core」をクリックします。

STEP.10
最後に、「再インストール」をクリックすればダウングレード完了です。

5分もかからず簡単にダウングレードできます。

「WP Downgrade」は2020年8月時点で7ヶ月更新されていないので、WordPressのバージョンによっては利用できなくなるかもしれません。

方法2:サーバーから行う

サーバーから操作してダウングレードする方法は、プラグインを利用できない状況で有効な手段です。

ダウングレードする手順

STEP.1
公式サイトであるWordPress.orgにアクセスして「WordPressを入手」をクリックします。

STEP.2
「すべてのリリース」をクリックします。

STEP.3
ダウングレードしたいバージョンのzipファイルをダウンロードします。(ここでは5.4.2のzipファイルをダウンロードします。)

STEP.4
サーバーのファイルマネージャにアクセスして、元のバージョンに戻すドメインをクリックします。

STEP.5
public_htmlをクリックします。

STEP.6
「wp-content」「.htaccess」「wp-config.php」以外のフォルダ及びファイルを削除します。

STEP.7
ダウンロードしたzipファイルを解凍し、「wp-content」「.htaccess」「wp-config.php」以外のフォルダ及びファイルをアップロードします。

STEP.8
サイトの管理画面にアクセスするとデータベースの更新を求められるので、「WordPressデータベースを更新」をクリックすればダウングレード完了です。

方法3:バックアップから復元する

バージョンアップをする直前のバックアップデータがあれば、バックアップを復元する事で前のバージョンに戻す事ができます。

復元方法としては、プラグインを使う方法とサーバーサービスを利用する方法の2つがあります。

復元方法に関しては「WordPressでバックアップを取る2つの方法【おすすめプラグインも紹介】」で一部解説しています。

WordPressでバックアップを取る2つの方法【おすすめプラグインも紹介】

不具合の根本原因を事前に断っておく【プラグインは最小限に】

不具合の根本原因を事前に断っておけば、トラブルが起こる可能性を減らすことができます。

具体的には以下の通りです。

  • テーマを最新の状態に保つ
  • プラグインを最新の状態に保つ
  • プラグインに頼らない実装を行う
  • 更新されていないプラグインは利用しない
  • PHPをWordPressの推奨バージョンに更新する

これらを意識的に行っておくことで、だいぶ変わると思います。

なお、プラグインに関しては、ぶっちゃけ必須なのは3つぐらいしかありません。
当サイトでもインストールしているプラグインは6つだけです。

この機会にプラグインを取捨選択してみることをおすすめします。
詳しくは「WordPressで導入すべきおすすめプラグイン3+11選【これだけでOK】」で詳しく解説しています。

WordPressで導入すべきおすすめプラグイン3+11選【これだけでOK】

というわけで以上です。