【比較】無料サーバーと有料サーバーの違いとは?【利用するなら断然有料!】

「無料レンタルサーバーと有料レンタルサーバーの違いを知りたい。」
「ブログを始めようと思うけど、あまりお金はかけたくないから、無料のレンタルサーバーでもいいのか、、、。」

この記事ではこういった悩みや疑問に答えます。

本記事の内容

  • 無料サーバーと有料サーバーの違い
  • サーバーサービスは終了することがある

結論から言うと、実益を求めてブログやアフィリエイトを行う予定なら、断然!有料レンタルサーバーを利用すべきです。

無料レンタルサーバーは、色々と制約がありますし商用向きではありません。

のちのち「最初から有料にしておけば良かった」とならないためにも、この記事を参考にしてみて下さい。

無料サーバーと有料サーバーの違い

無料サーバーと有料サーバーの違いは次の通りです。

サービス 無料サーバー 有料サーバー
費用 0円 プラン次第
容量 1〜2GB プラン次第
マルチドメイン 制限あり プラン次第
独自SSL なし あり
WordPress 対応 対応
広告表示 あり なし
安定性 不安定 安定
商用利用 OK OK

数年前と比べ、無料サーバーでも格安の有料サーバー並みに機能が充実しましたが、それでも多くの違いがあります。

費用に関する違い

無料サーバー

コストがゼロなのでブログを放置していても、ランニングコストはかかりません。
無料なのにレンタルサーバーを利用できることは大きなメリットです。

有料サーバー

有料サーバーは月100円で利用できるものから、月40,000円以上するものまで様々です。
サーバーの種類やプランによって料金は大きく変わります。

ディスク容量に関する違い

無料サーバー

無料サーバーであれば1〜2GBが一般的です。
ブロブ系の記事であれば1記事3〜4MBなので、200〜500記事ぐらいなら一応容量内です。

しかし、重めのシステムを導入したり、複数ブログを運営するとすぐに限界容量を超えます。

有料サーバー

有料サーバーであれば1000円前後のプランで200〜250GBです。
200GBあれば1000記事規模のブログをいくつも運営しても問題ありません。

もし容量をより増やしたければ、上位プランへ移行するだけなので手間もかかりません。

マルチドメインに関する違い

無料サーバー

無料サーバーだとしても、5〜10個は独自ドメインを取得できるので、そこまでデメリットではありません。

有料サーバー

サーバーの種類やプランによっても異なりますが、月1,000円前後のプランであれば制限なく取得できます。

独自SSLに関する違い

無料サーバー

無料サーバーでは独自SSLに対応していません。これも大きなデメリットです。
一部の無料サーバーでは独自SSLに対応していますが、大体どの会社も非対応です。

有料サーバー

問題なく独自SSLに対応しています。
有料オプションですが認証レベルの高いSSLを選択することもできます。

WordPressに関する違い

無料サーバー

WordPress対応の無料サーバーがあります。
全ての無料サーバーがWordPressに対応しているわけではないのですが、最近ではWordPressに対応して無料サーバーが多くあります。

関連記事WordPressが利用できる無料レンタルサーバー5社【注意点も解説】

有料サーバー

無論、どこもWordPressに対応していいます。
WordPressに特化した有料サーバーもあります。

広告表示に関する違い

無料サーバー

無料サーバーにとって一番のデメリットがこの広告表示です。


無料サーバーの「XFREE」を例に挙げると、このようにバナー広告が自動的に表示されます。

記事内容に関連する広告であれば読者にとってまだ良いのですが、記事と関係のない広告は鬱陶しいだけです。

有料サーバー

広告表示はありません。
広告が自動表示され、読者が離脱してしまうリスクはありません。

安定性に関する違い

無料サーバー

無料サーバーだと1つの物理サーバーに大勢の利用者がいるので、安定性や表示速度に難があります。

特に、特定の記事がバズったりすると一瞬で「503エラー」になり、ブログが表示されなくなると思います。

有料サーバー

無料サーバーと比べたら安定性も表示速度も段違いです。
月1,000円前後のプランで、同時アクセスが800人ぐらいまでなら耐えられます。

商用利用に関する違い

無料サーバーも有料サーバーも違いはありません。
商用利用はどちらも問題ありません。

以前は商用利用ができない無料サーバーもありましたが、今ではどの無料サーバーでも商用利用が可能です。

サーバーサービスは終了することがある

無料も有料も、サービスが突然終了してしまうことがあります。

終了したホスティングサービス

  • ファーストサーバ:2019年終了
  • Yahoo!ジオシティーズ:2019年終了
  • @PAGES:2018年終了
  • NSFレンタルサーバー:2015年終了
  • infoseek isweb:2012年終了
  • パルフェネット:2007年終了
  • web24.jp:2006年終了

有料だからといってサービスが終了しないわけではないのですが、無料サービスの方が終了しやすい傾向があります。

今では格安で利用できる有料サーバーがあるので、無料サーバーの利用者はどんどん減っているのでしょう。

もしサーバーが終了してもデータの移転は簡単にできますが、サービスが終了しないことに越したことはないですよね。

まとめ:利用するなら断然有料サーバー

実益を求めてブログやアフィリエイトを行う予定ならば、無料サーバーは利用すべきではないです。

完全趣味用であれば無料サーバーでも良いと思いますが、それならアメブロやライブドアブログなどの無料ブログサービスを利用したほうが手っ取り早くブログを始められます。

有料といっても、安いものであれば月100円なので、コーヒー一杯分のお金を利用すると思って、試してみてはいかがでしょうか。

というわけで以上です。

人気記事【個人向け】レンタルサーバー12社を徹底比較【おすすめは2社】