WordPress本体を安全に削除する方法と手順【アンインストールは慎重に】

この記事では、WordPress本体を安全に削除(アンインストール)する方法を解説します。

私自身、有効期限の切れたドメインのデータを、サーバーに残したまま整理できていませんでした、、、。

セキュリティの面からもデータを放置しておくことはよくないので、備忘録的に削除方法をまとめました。

「再度一からサイトを構築したい」方にとっても、この方法でデータを削除してください。

WordPress本体を安全に削除する方法

WordPress本体を削除するには、「Webサーバー」と「データベース」からデータを削除することになります。

具体的な手順は、次の通りです。

WordPressを削除する3つの手順

  • 手順1:WordPressをアンインストール
  • 手順2:データベースを削除
  • 手順3:ドメインを削除

これらの手順は全て、サーバーの管理画面から操作を行います。

契約しているサーバーによって操作に違いはありますが、私はエックスサーバーとミックスホストの2社を利用しているので、それぞれの手順を解説します。

手順1:WordPressをアンインストール

エックサーバーの場合

STEP.1
エックスサーバーのサーバーパネルにログインして、「WordPress簡単インストール」をクリックします。

STEP.2
削除したいドメインを選択します。

STEP.3
「MySQLデータベース名」を忘れないようにメモしておき、「削除」をクリックします。

STEP.4
「アンインストールする」をクリックします。

この手順でWebサーバーにあるデータが削除されますが、データーベースにはまだデータが残っています。

そのため、データベースを削除するため手順2に移ります。

ミックスホストの場合

STEP.1
ミックスホストのcPanelにログインして、「Softaculous Apps Installer」をクリックします。

STEP.2
「Installations」をクリックします。

STEP.3
「削除マーク」をクリックします。

STEP.4
「インスタレーションの削除」をクリックします。

エックスサーバーとは異なり、この操作でWebサーバーとデータベース両方のデータを削除することができます。

そのため、あとはドメインを削除するため手順3に移ります。

手順2:データベースを削除

エックサーバーの場合

STEP.1
サーバーパネルにある「MySQL設定」をクリックします。

STEP.2
手順1でメモしたデータベース名を探して、「削除」をクリックします。

STEP.3
「削除する」をクリックします。

データベース名の文字列を間違えないように削除しましょう。

もし削除予定ではなかったドメインのデータベースを削除したとしても、エックスサーバーであれば自動バックアップ機能でデータを復元することができます。

他社サーバーだとしても、今では大半のサーバー会社が自動バックアップサービスを提供しています。

手順3:ドメインを削除

最後に、ドメインを削除します。

エックスサーバーの場合

STEP.1
サーバーパネルにある「ドメイン設定」をクリックします。

STEP.2
削除したいドメインを選択します。

STEP.3
確認画面が表示されるので「削除する」をクリックします。

ミックスホストの場合

STEP.1
ミックスホストのcPanelにログインして、「アドオンドメイン」をクリックします。

STEP.2
削除したいドメインを選択して、「削除」をクリックします。

STEP.3
確認画面が表示されるので「削除」をクリックします。

再度サイトを構築する人であれば、ドメインは削除せずにWordPressをインストールし直してもOKです。

利用していないデータは削除するのが吉

ドメインの有効期限が切れて利用していない場合でも、利用していたデータは全てサーバー内に残っています。

インストールした時点でのテーマやプラグインがそのまま残っているので、セキュリティの観点からサーバー内はできる限り整理するようにしましょう。

この記事ではエックスサーバーとミックスホストの具体的な削除方法を紹介しましたが、この他のサーバーを利用している人であれば、「サーバー名 WordPress 削除」「サーバー名 WordPress アンインストール」「サーバー名 ドメイン 削除」と調べてみてください。

というわけで以上です。