【評判どおり】私がエックスドメインを推す理由とドメインの取得手順

【エックスドメインの評判】5年使っている感想とドメインの取得手順

「エックスドメインの評判について知りたい。ドメインを取得するならエックスドメインが良いって聞いたけど、、、実際どうなのか?ついでに、ドメインの取得手順や初期設定も知りたい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 私がエックスドメインを推す3つの理由
  • エックスドメインのデメリット【他社比較】
  • エックスドメインでドメインを取得する手順

この記事を書いている私は、エックスドメインを5年間利用しています。
他のレジストラを利用していたこともありますが、今ではエックスドメインのみを利用しています。

結論から言うと、エックスドメインの評判はすこぶる良好だと思います。悪い評判は聞いたことないです。

お名前ドットコムやムームードメインと比べると、まだまだマイナーかもしれませんが、私がエックスドメインを推す理由とドメインの取得手順を解説します。

私がエックスドメインを推す3つの理由

私がエックスドメインを推す理由は3つあります。(エックスドメインのメリット的なことです。)

本記事の内容

  • その1:更新費用が最安値
  • その2:メール配信は最低限
  • その3:エックスサーバーとの相性が良い

それぞれ解説します。

その1:更新費用が最安値

エックスドメインだと、メジャードメインの更新費用が他社と比較して最安値です。

大手5社と比較するとこんな感じです。

取得費用は他社よりも高いものもありますが、長く運営すれば結局エックスドメインが最安値になります。

レジストラはサービスの違いがほぼないので、これが大きなメリットです。

私がエックスドメインを利用し始めた5年前だと、ドメインの料金がわりと高めに設定されていましが、今では最安値なので企業努力に好感が持てます。

その2:メール配信は最低限

メール配信が最低限なので、重要事項を見逃さないで済みます。
たまに来るメールといったら、ドメインの契約期限に関することか、ドメインの料金変更ぐらいです。

ブログを運営していると、広告主から記載の変更依頼がくるので、メールフォルダを広告で埋め尽くされないのは助かります。

余談ですが「お名前.com」だと配信拒否できないメール広告が山ほどきます。


1日に3〜4件。こんな感じです。しかもドメインの期限が近づくとさらにメールが増えます。

お名前.comと比較すると余計に、エックスドメインが利用者寄りの運営方針だと実感します。

その3:エックスサーバーとの相性が良い

これは個人的な理由ですが、私はエックスサーバーを契約しているので、エックスドメインでドメインを取得すると何かと手間が省けます。

もともと私がエックスドメインを利用し始めたきっかけは、エックスサーバーを契約していたからです。
お名前.comのメール広告が嫌になったのも理由の一つですが、、、。

エックスサーバーとエックスドメインの管理画面は統合されているのでこんな感じです。

サーバーとドメインを別々に管理する必要はないのでとてもラクです。

他にも、ドメインを取得後、ネームサーバーの設定をする必要がないこともプラスポイントです。

補足:Twitterで評判を調べてみた

私の主観以外に、エックスドメインの評判の裏付けとなるような情報をTwitterで調べてみました。


https://twitter.com/yosimasa_chef/status/1251100273470083072

私も今年に入って気付いたんですが、毎週金曜日にドメインのセールをやっています。


4月24日のキャンペーンはこんな感じでした。

残念ながらどの種類のドメインがキャンペーン対象になるのかは当日でないと分かりません。
タイミングが合えばラッキーです。


本当にその通りです。もう凄まじいの一言です。


批判ぽくなってしまうのですが、お名前.comからエックスドメインに移管する人は多いと思います。

以前はお名前.comの方がどのドメイン料金も安かったんですが、今では逆転してるので大手レジストラの優位性はもうないかと、、、。


悪い評判も探したんですが全く見つかりませんでした。評判どおりですね。

エックスドメインのデメリット【他社比較】

エックスドメインのデメリットを挙げるとしたら、扱っているドメインの種類が少ないことです。

メジャーなドメイン「.com.net.jp.info.biz.org」は問題なく扱っていますが、扱っているドメインの種類は全部で59種類(2020年4月現在)です。

大手レジストラのお名前.comやムームードメイン、バリュードメインでは400種類以上のドメインを扱っているので大きな差があります。

基本的にはメジャーなドメインを取得することが多いと思いますが、.com.jpだと取得したいドメイン名が既に使われているケースがよくあります。

こういったケースでは、マイナーなドメインでも候補の選択肢に入ります。
実際、扱いやすそうなマイナーなドメイン名は数多くあります。

個人ブログに使えそうなドメイン

.work.shop.club.life

小売業や飲食業に使えそうなドメイン

.golf.art.pet.cafe.farm.organic

エックスドメインでは、マイナーなドメインの中でも比較的よく使われるものを随時増やしていますが、他社と比べるとまだまだ圧倒的に少ないです。

マイナーなドメインを取得したいならエックスドメイン以外のレジストラを利用するしかありません。

なお、ドメイン末尾の選び方に関しては「【初心者向け】ドメインの末尾はどれがいい?3つの選び方を解説」で詳しく解説しています。

【初心者向け】ドメインの末尾はどれがいい?3つの選び方を解説

エックスドメインでドメインを取得する手順

最後に、エックスドメインでドメインを取得する手順と初期設定を解説します。

3つの手順

  • 手順1:ドメインを選ぶ
  • 手順2:取得手続きをする
  • 手順3:初期設定をする

簡単なので10分もかからず完了できると思います。

手順1:ドメインを選ぶ

STEP.1
エックスドメインへアクセス
まずはエックスドメインのトップページへアクセスします。
公式サイト https://www.xdomain.ne.jp/


STEP.2
ドメインを探す
トップページ右側に「取得希望のドメイン名を検索」があります。
ここに取得したいドメインの文字列を入力して「検索」をクリックします。



ここには.com.netなどのドメインの末尾まで入力する必要はありません。

STEP.3
ドメインの空きを確認する①
メジャーなドメインを中心に、先ほど入力した文字列で取得可能か否かを確認できます。


STEP.4
ドメインの空きを確認する②
初めから表示されているドメイン以外の種類を取得したい場合には「こちら」をクリックします。


STEP.5
ドメインの空きを確認する③
取得したいドメインの文字列と種類を入力します。

STEP.6
ドメインの空きを確認する④
「検索」をクリックすると先ほどと同様に、取得可能か否かを確認できます。

取得できるドメインの文字列と種類を吟味して、納得のいくドメイン名を決めましょう。

手順2:取得手続きをする

STEP.1
取得手続きをする
最終的にドメイン名を決めたら、左端にあるチェックボックスにマークを入れ、「取得手続きに進む」をクリックします。

STEP.2
アカウント登録をする
Xsever関連のサービスが初めての人は「Xseverアカウント登録へ」をクリックします。
ドメインを取得するにはアカウント登録が必要です。


エックスドメインとエックスサーバーは同じ会社なのでアカウントは同一です。サーバーを契約するわけではないので安心してください。
STEP.3
登録情報の入力①
登録に必要な情報を全て入力します。

STEP.4
登録情報の入力②
入力欄に「WHOIS代理公開サービス」がありますが、「希望する」のチェックマークが入ったままにして下さい。


「インフォメーションメールの配信」に関してはどちらでもOKです。(後で変更できます。)
STEP.5
支払方法を選ぶ
支払方法を4つの選択肢から選びます。
コンビニ支払なら中学生や高校生でも取得できますね。

STEP.6
最終確認①
ドメイン取得の最終確認です。ドメインの文字列に間違いがないように確認してください。

STEP.7
最終確認②
問題なければ「同意する」にチェックマークを入れ、「申し込む」をクリックします。

STEP.8
決済完了
決済が完了すると申し込み内容のIDを確認できます。
このIDは決済証明みたいなものなので、メモを取ったりする必要はないです。

STEP.9
決済完了後
決済完了後、管理画面へのログインするように案内されます。

STEP.10
管理画面でドメインを確認
管理画面にログインすると、先ほど取得したドメインが表示されています。

手順3:初期設定をする

STEP.1
ネームサーバーの設定
エックスサーバーを利用している人であれば、ネームサーバーの設定は必要ありません。
ネームサーバーを設定するには、ドメインの横にある「ドメインパネル」をクリックします。

STEP.2
設定変更をクリック
ネームサーバー情報の「設定変更」をクリックします。

STEP.3
ネームサーバーを空欄箇所に入力
利用しているサーバーが設定するネームサーバーを空欄箇所に入力します。
利用しているサーバーによって、ネームサーバーは異なります。

例.1
ロリポップの場合
ロリポップサーバーの場合、ネームサーバー1と2に以下の設定内容を入力します。

例.2
ミックスホストの場合
ミックスホストサーバーの場合、全てのネームサーバーに以下の設定内容を入力します。

STEP.4
設定完了
「ネームサーバーの変更(確認)」をクリックして設定完了です。

ネームサーバーの設定は以上です。
利用しているサーバーの公式サイトに、ネームサーバーの設定内容があると思います。

補足ですが、ドメインの更新を自動更新にしておくことで、予期せぬドメインの失効を防げます。
すぐに設定できるので合わせて解説します。

STEP.1
自動更新の設定
まず管理画面の左側にある「カード自動更新設定」をクリックします。

STEP.2
設定変更をクリック
ドメインの一覧が表示されるので下にある「設定変更」をクリックします。

STEP.3
設定の切り替え
あとは変更したいドメインを「設定なし」→「1年ごとに自動更新」に切り替えれば完了です。

これでドメインの取得手順と初期設定は終わりです。

なお、ドメインにWordPressをインストールする方法は「エックスサーバーでWordPressを始める5つの手順【画像15枚で解説】(執筆中です。)」で解説しています。

というわけで以上です。
くり返しになりますが、エックスドメインの評判はすこぶる良いのでオススメです。
エックスドメインの公式サイトへ