WordPressブログで絵文字は避けた方が無難な理由【顔文字を代用】

「WordPressブログで絵文字を使いたいけど、絵文字を使っているブログは少ない気がする。絵文字は感情表現ができるし可愛いけど、逆に読みづらくなるのかな、、、?実情を知りたい。」

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • WordPressブログで絵文字は避けた方が無難な理由
  • 感情表現なら顔文字で代用する【記号で作れる例】

この記事を書く私は、Web関連に従事して9年、アフィリエイト歴は5年です。

結論から言うと、「文章量の多いブログ」においては、絵文字を使うこと(もしくは多用すること)は避けたほうが無難です。

確かに絵文字には、文末に添えるだけで感情を表現できるメリットがありますが、その反対にデメリットもあるので、この記事を参考にしてみてください。

WordPressブログで絵文字は避けた方が無難な理由

絵文字の利用を、避けた方が無難な理由は3つあります。

絵文字を避けた方が無難な理由

  • 理由1:文字化けすることがある
  • 理由2:読み込みに時間がかかる
  • 理由3:そもそも読みづらくなる

あくまでも「無難」であって、否定しているわけではないので悪しからず、、、。

詳細は以下の通りです。

理由1:文字化けすることがある

記事内で「□□」「????」のような表記を見たことありませんか?

データベース破損や読み込み遅延など、何らかの理由で絵文字がきちんと出力できない時、記事内ではこのような文字化け表示になってしまいます。(絵文字以外にもこのような表示になることはあります。)

もし、絵文字を多用している場合、記事内に文字化け表示が多数散らばっていると、読者はきっと離脱しちゃいますよね、、、。

ナオ

他にも、可能性は低いのですが、絵文字はOSとブラウザで生成方法が異なるので、今後のサポート内容次第ではトラブルの原因にもなりかねません。

理由2:読み込みに時間がかかる

WordPressの初期設定では、絵文字用のコード(CSS・Javascript)が出力されるよう実装されています。

このコードは外部URLにアクセスするような処理になるので、どうしても読み込みに時間がかかってしまいます。

ページ速度に大きな影響があるかと問われれば、そこまでだと思いますが、読み込みが早いことに越したことはないのでデメリットではあります。

補足:絵文字機能を無効化する方法

絵文字機能を無効化するには、以下のコードをfunctions.phpに記述します。

functions.php
remove_action('wp_head','print_emoji_detection_script',7);
remove_action('wp_print_styles','print_emoji_styles');

もしくは、「Disable Emojis」というプラグインでも、絵文字を無効化できます。

ナオ

表示速度が遅いと読者が離脱してしまうので、早いことに越したことはないですよね。

理由3:そもそも読みづらくなる

あくまでも個人的な主観ですが、文章中に絵文字があると、流し読みができず、集中力が削がれる気がします。

文章量の短い芸能人の日記的な記事なら全然いいのですが、、、ビジネス書籍や参考書では絵文字が使われていないことから分かる通り、文章量の多い記事(特にノウハウ系や悩み解決系)に絵文字は適していないと私は思っています。

ただし例外もあって、女性ブロガーが絵文字を多用して、ブログの世界観を演出していることもあるので、決して絵文字を否定しているわけではないです。

ナオ

ちなみに、女性ブロガーだと「ルカルカちゃんねる」さんの絵文字使いは神だと思います。

感情表現なら顔文字で代用する【記号で作れる例】

文章内で感情表現をするなら絵文字ではなく、顔文字「(^^)(^_^)(o^^o)」を代用してみるのはいかがですか?

顔文字も絵文字同様に少しややこしくて、象形文字やギリシア文字を利用すると文字化けになることがあります。

そのため、キーボード内の記号で作れる顔文字を考えてみました。

笑顔 (^^)(^_^)(o^^o)(^o^)(*^_^*)
喜び (^u^)(‘u’)(^v^)(=^^=)(^人^)
悲しみ (__)(;_;)(u_u)(;o;)(+_+)
不満 (#’_’)(T_T)(‘ヘ’)(@_@)
その他 (・w・)(・B・)(^_-)(*’=’)

こんな感じ、、、。
組み合わせはネット上に無数にありますよね。

絵文字ほど豊かに感情表現はできませんが、文末にちょこんと添える程度なら、顔文字でも使い勝手は悪くないと思います。

というわけで以上です。